command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】NA関数の使い方(明示的に#N/Aエラーを表示する)

【エクセル】NA関数の使い方(明示的に#N/Aエラーを表示する)

#N/Aエラーを明示的に出すことができるNA関数。ここではNA関数の機能と使い所について解説します。

NA関数とは

ExcelのNA関数は明示的に#N / Aエラーを返すことができる関数です。#N / Aは、VLOOKUP関数でよく目にしますが、「利用できない」または「利用可能な値がない」ことを意味します。数式内にNA関数をネストすることで、情報が足りていない時に明示的に#N / Aエラーを表示できます。NA関数は引数に設定する必要はありません。この関数の対応バージョンはExcel 2003以降です

NA関数の構文

NA関数には引数を設定する必要がないので、使う場合はシンプルにNA()と入力します。

=NA()

NA関数の使用例

使用例1:情報がたりない際に#NAエラーを出す

=IF(C7="",NA(),B7*C7)
結果 → #N/A

下記のように商品単価と数量のデータから総額を計算しているようなデータがあった場合、情報が入力されていないだけなのに、空白を0と認識して計算すると間違ったデータになってしまうので、情報が足りない場合は明示的にエラーを出すようにしている例です。

NA関数の要点

  • NA関数は#N / Aエラーを返します。
  • #N / Aは「利用できない」もしくは「利用できる値がない」ことを意味します。
  • 数式内にNA関数を入れ込んで、情報が足りないときに意図的に#N / Aエラーを表示するなどの使い方ができます。

おすすめの解説動画

使い所がわかりにくいNA関数の使い所を詳しく解説している動画です。具体的な使い所を知ることでいざという時に使えるので見ておくことをおすすめします。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事