command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】ISERROR関数の使い方をわかりやすく解説

【エクセル】ISERROR関数の使い方をわかりやすく解説

Excelの数式でエラーが生じた際にメッセージを表示したりするのに便利なのがISERROR関数です。ここではISERROR関数の使い方について解説します。

ISERROR関数とは

ExcelのISERROR関数は、Excelが生成するすべてのエラーに対してTRUEを返します。ISERROR関数はIF関数と一緒に使用してエラーの有無を判別してメッセージを表示させたり、別の計算を実行したりすることが可能です。似たような関数でISERR関数がありますが、違いは#N / Aエラーを含めるかどうかになります。この関数の対応バージョンはExcel 2003以降です

ISERROR関数の構文

=ISERROR(テストの対象
  • テストの対象:エラーの有無をテストするデータを指定します。設定するのは、セル、数式、もしくはその参照する名前を指定可能です。

ISERROR関数の使用例

使用例1:「りんご」と入力されたセルをテスト

=ISERROR(B3)
結果 → FALSE

りんごと入力されているセルをISERROR関数でテストしています。エラーはないのでFALSEを返します。

使用例2:「#N/A」エラーのセルをテスト

=ISERROR(B4)
結果 → TRUE

「#N/A」エラーを返しているセルをISERROR関数でテストしています。すべてエラーに対してTRUEを返す関数なので、TRUEを返します。

使用例3:「#NAME?」エラーのセルをテスト

=ISERR(B5)
結果 → TRUE

「#NAME?」エラーを返しているセルをISERROR関数でテストしています。エラー値なのでTRUEを返します。「#NAME?」エラーは関数名を間違えている場合に出るエラーです。

使用例4:「#DIV/0!」エラーのセルをテスト

=ISERR(B6)
結果 → TRUE

「#DIV/0!」エラーを返しているセルをISERROR関数でテストしています。エラーに該当するのでTRUEを返します。「#DIV/0!」エラーは0を割り算した際に出るエラーとなります。

ISERROR関数の要点

  • ISERROR関数はセルにエラーがあるかどうかを確認します
  • ISERRは、「IS関数」という関数グループの一部です。

おすすめの解説動画

ISERR関数について解説している動画です。シンプルでわかりやすい解説なのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事