command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】INDEX関数の使い方(範囲内の行、列を指定して値を取得)

【エクセル】INDEX関数の使い方(範囲内の行、列を指定して値を取得)

Excelには範囲内の行、列を指定して値を取得するINDEX関数が用意されています。ここではINDEX関数の機能と使い方について解説します。

INDEX関数とは

ExcelのINDEX関数は、範囲または配列内の指定された場所の値を返します。INDEX関数を使用して、個々の値、または行と列全体を取得できます。MATCH関数と組み合わせて使用されることがよくあります。
この関数の対応バージョンはExcel 2003以降です

INDEX関数の構文

=INDEX(配列or参照,行番号,[列番号],[領域番号]
  • 配列or参照:設定必須。セル範囲または配列定数を指定します。
  • 行番号:参照または配列内の行の位置を設定します。参照範囲が横方向に一行かつ列番号が指定されていない場合は自動で列番号として読み取られます。「0」を指定した場合、列全体を返します。
  • [列番号]:参照範囲が1行のみ、または1列のみであれば設定する必要はありません。参照範囲が2次元であれば列番号として設定します。「0」を指定した場合、行全体を返します。
  • [領域番号]:隣接しない2つ以上の範囲を第1引数で指定した際に使用する引数です。例えば2つの隣接しない範囲を指定したとき1つ目の範囲を選択する場合は1を指定し、2つ目の範囲を選択する場合は2を指定します。

INDEX関数の使用例

使用例1:参照範囲が1行の場合

参照範囲がB3からD3までの一行のみで第3引数を設定していない場合は第2引数は列番号として認識され、この例の場合はハサミを返します。=INDEX(B3:D3,1,2)と設定しても同じ結果が表示されます。

=INDEX(B3:D3,C6)
結果 → ハサミ

使用例2:表から行番号と列番号を指定して値を抽出

2次元の表データから行番号と列番号を指定して値を取得する例です。指定範囲内の上から2行目の3列目を指定しているので150が返ってきます。

=INDEX(B3:D12,B15,C15)
結果 → 150

使用例3:列番号に0を指定した場合

列番号に0を指定しているので行全体の値を返しています。

=INDEX(B3:D12,B15,C15)
結果 → 「A003」「のり」「80」の複数セル

使用例4:2つの表の中からインデックス

第1引数に更に括弧を追加して、その中に2つのセル範囲をカンマ区切りで指定すると2つのセル範囲を設定できます。そのうえで2つ目の範囲からインデックスしたい場合は4つ目の引数に2を設定します。

=INDEX((B3:D12,F3:H12),B15,C15,D15)
結果 → Seaweed

INDEX関数の要点

  • 行番号と列番号の両方が指定されている場合、INDEX関数は行番号と列番号の交点にあるセルの値を返します。
  • 行番号に0に設定されるとインデックスは列全体の値の配列を返します。これらの配列値を使用するには、INDEX関数を水平範囲の配列数式として入力するか、配列を別の関数にわたします。
  • 列番号にが0に設定されるとINDEX関数は、行全体の値の配列を返します。これらの配列値を使用するには、INDEX関数を垂直範囲の配列数式として入力するか、配列を別の関数にわたします。
  • INDEX関数はMATCH関数と組み合わせて、VLOOKUP関数のような機能をもたせることが可能です

おすすめの解説動画

非常にわかりやすく解説しているのでおすすめの動画です。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事