command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】FILTERXML関数の使い方(XMLからデータを抜き出す)

【エクセル】FILTERXML関数の使い方(XMLからデータを抜き出す)

XMLデータから特定のデータを抽出して返すFILTERXML関数について解説します。

FILTERXML関数とは

ExcelのFILTERXML関数は、指定されたXMLデータから指定したパス(XPath式)のデータを取得します。
この関数の対応バージョンはExcel 2013以降です

XMLとはデータを保存および転送するためのテキスト形式のデータです。テキスト形式なので特定の環境に依存することはなく、拡張可能で便利なデータ形式です。XMLには厳密な構文規則があり、ソフトウェアがXML文書の構造を把握してさまざまな操作を実行できるようにします。XPathとは、XMLデータ内の要素と属性を選択するための特別なクエリ言語です。FILTERXML関数は、XPathを使用して、XML形式のテキストと照合してデータを抽出します。

FILTERXML関数の構文

=FILTERXML(XML,Xpath
  • XML:XML形式のデータを指定します。
  • Xpath:目的のデータのパスを指定します。

FILTERXML関数の使用例

使用例1:シンプルな例

=FILTERXML(B3,"//page/title")
結果 → ページ1,ページ2,ページ3,ページ4,ページ5

シンプルな使用例としてはセル内に記載のあるXMLデータを読み取り、指定したパスのデータと取り出す例です。戻り値が複数ある場合はスピルで複数セルに渡って返されます。

FILTERXML関数の要点

  • FILTERXML関数は、XPathを使用して、XML形式のテキストと照合してデータを抽出します
  • 注:FILTERXMLは、MacのExcelまたはExcelOnlineでは使用できません。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事