command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】ADDRESS関数の使い方(行と列の番号からセルアドレスを作成)

【エクセル】ADDRESS関数の使い方(行と列の番号からセルアドレスを作成)

Excelには行と列の番号からセルアドレスを作成するADDRESS関数が用意されています。ここではADDRESS関数の機能と使い方について解説します。

ADDRESS関数とは

ExcelのADDRESS関数は、指定された行と列の番号に基づいてセルのアドレスを文字列で返します。たとえば、= ADDRESS(1,2)は$B$1を返します。相対参照や絶対参照でも生成することができ、シートの指定も可能です。
この関数の対応バージョンはExcel 2003以降です

ADDRESS関数の構文

=ADDRESS(行番号,列番号,参照の種類,参照形式,シート名
  • 行番号:セルアドレスで使用する行番号。必須項目です。
  • 列番号:セルアドレスで使用する列番号。必須項目です。
  • 参照の種類:行と列それぞれ、絶対参照か相対参照かを指定します。省略可能です。
    デフォルトは「1」で、行・列ともに絶対参照となります。($A$1)
    「2」を指定すると行は絶対参照、列は相対参照となります。(A$1)
    「3」を指定すると行は相対参照、列は絶対参照となります。($A1)
    「4」を指定すると行・列ともに相対参照となります。(A1)
  • 参照形式:省略可能です。セル参照をA1形式かR1C1形式にするかを指定します。デフォルトはA1形式となります。0、またはFALSEを指定すると「R1C1形式」1またはTRUEを指定するとA1形式となります。
  • シート名:省略可能です。ワークシート名を指定する場合に設定します。必ず「”」で囲んで設定をします。

ADDRESS関数の説明

ADDRESS関数は参照を文字列として返すため、単体で利用しても参照用の文字列が返ってくるだけになります。数式内で参照文字として使用したい場合はINDIRECT関数と組み合わせて使う必要があります。

ADDRESS関数の使用例

使用例1:INDIRECT関数と組み合わせて使用

INDIRECT関数と組み合わせて、A1セルの文字列をセル参照させています。INDIRECT関数を使わずにADDRESS関数単体で使うと、単純に文字列としての「$A$1」が返却されます。

=INDIRECT(ADDRESS(1,1))
結果 → 文字列を参照

ADDRESS関数の要点

  • ADDRESS関数は指定した参照用記号を文字列として返すので、セル参照として使用したい場合はINDIRECT関数と組み合わせて使います
  • 列番号は1を指定すると「A列」2を指定すると「B列」となります。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事