command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】「0」を非表示にする方法まとめ

【エクセル】「0」を非表示にする方法まとめ

Excelで「0」を非表示にする方法について解説します。当ページでは「表示形式から非表示にする方法」と「関数を使用して非表示にする方法」「オプション設定で非表示にする方法」の3つの方法について解説します。

方法1:表示形式からゼロを非表示にする

表示形式からゼロを非表示にする方法について解説します。セル単位で設定できるので汎用性が高くおすすめの設定です。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:「0」を非表示にしたいセルを選択

「0」を非表示にしたいセルを全て選択します。

手順2:選択範囲内を右クリックして「セルの書式設定」を選択

選択した範囲内で右クリックをして、コンテキストメニューから「セルの書式設定」を選択します。

手順3:「表示形式」タブ内の「ユーザー定義」を選択

「表示形式」タブ内の左メニュー内の「ユーザー定義」を選択します。

手順4:「種類」に「#」と入力

「種類」を「#」に書き換えます。

手順5:「OK」を押下する

「0」が表示されなくなりました。

方法2:オプション設定でゼロを非表示にする

オプション設定でゼロを非表示にする方法について解説します。ブック内全てに対して0が表示されなくなります。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:「ファイル」タブを選択

ウィンドウ上部の「ファイル」タブを選択します。

手順2:「オプション」を押下

左メニュー内の「オプション」を押下します。項目が見当たらない場合はウィンドウを下に伸ばしてみてください。

手順3:「詳細設定」内の「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外す

左メニュー内の「詳細設定」を選択し、スクロールバーを半分ちょっとまで移動した場所付近にある「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外す

手順4「OK」を押下する

「0」が表示されなくなりました。

方法3:関数でゼロを非表示にする

IF関数を使って「0」を非表示する方法です。下記の例では合計金額の横に新たに列を用意して、合計金額が「0」であったなら、非表示にし、そうでなければそのまま合計金額を表示させる関数を作成します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:関数を入力するセルを選択

IF関数を入力するセルを選択します。この場合はあらたに列を追加しています。

手順2:「=IF(」と入力

「=IF(」と入力と入力します。入力途中にサジェストが表示されるので、IF関数の上でTABキーを押下すると自動入力されます。

手順3:同じ行の「合計」のセルをセル参照

合計の数値の「0」を非表示にしようとしているので、同じ行の「合計」のセルをクリックし、セル参照させます。

手順4:「=0,」と入力し、論理式を完成させる

続けて「=0,」と入力し、合計のセルの値が「0」だったら、という論理式を完成させます。

手順5:「””,」と入力し、値が「0」の場合は空白を返す設定をする

次に論理式がTRUEだった場合の値として「””,」と入力し、値が「0」の場合は空白を返す設定をします。「””」は空白を表します。

手順6:もう一度同じ行の「合計」のセルをセル参照し、「0」以外に普通に合計を返すようにする

次に論理式がFALSEだった場合の値として、もう一度同じ行の「合計」のセルをセル参照し、「0」以外に普通に合計を返すようにします。

手順7:ENTERキーを押下し、他のセルにも数式をコピーします。

ENTERキーを押下し、数式を決定したら、フィルハンドルをドラッグして、他のセルにも数式をコピーします。

「0」が表示されなくなりました。

おすすめの解説動画

0を非表示にする方法について解説している動画です。当ページでのやり方と大体同じ方法について解説していますが、わかりやすく説明されているので、おすすめです。0を非表示にしないほうが良い理由なども合わせて解説しております。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事