command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】ワイルドカードの使い方についてわかりやすく解説

【エクセル】ワイルドカードの使い方についてわかりやすく解説

Excelの特定の関数にはワイルドカードという特殊な文字列が使えます。ワイルドカードは非常に便利なので、ぜひ使い方をマスターしましょう。

ワイルドカードとは

関数に指定する検索値などに「〜を含む」や「〜の文字から始まる」「〜の文字で終わる」などの条件を加えることができる特殊な文字列のことを指します。 ワイルドカードの文字列は「*」(アスタリスク)と「?」(クエスチョン)を指し、これらを組み合わせて条件を指定します。ワイルドカードはすべての関数で使用できるわけではなく、VLOOKUP関数MATCH関数COUNTIF関数などで使用できます。

ワイルドカード説明
* 0文字以上の任意の文字列を表す
? 1文字の任意の文字列を表す

使用例

ワイルドカードの具体的な使用例をいくつか紹介します。「*」や「?」を文字列として検索したい場合は「~*」のように半角のチルダ (~) を付けます。

使用例 説明
*A* Aを含む文字列を表します。
A* Aで始まる文字列を表します。
*A Aで終わる文字列を表します。
A*E Aで始まり、Eで終わる文字列を表します。
~** *から始まる文字列を表します。

MATCH関数を使った使用例

MATCH関数で検索値にワイルドカードを使う例です。検索値に「下*」と指定することで「下」という文字から始まる文字にマッチします。

=MATCH("下*",B3:B12,0)
結果 → 4

ワイルドカードが使用できる関数

VLOOKUP関数HLOOKUP関数XLOOKUP関数MATCH関数XMATCH関数SUMIF関数SUMIFS関数COUNTIF関数、COUNTIFS関数、AVERAGEIF関数AVERAGEIFS関数SEARCH関数などで使用できます。

おすすめ解説動画

ワイルドカードの「*(アスタリスク)」の使い方について解説している動画です。具体的な使用例を交えて解説しているのでおすすめです。

エクセルのショートカットキーの練習できます。

当サイトではショートカットキーをプレビューを見ながら直観的にゲーム感覚で見つけられる練習機能がついています。効率的にさまざまなショートカットキーを学べますので、是非当サイトで日常的に練習してみてください。エクセル以外のショートカットキーの練習もできるので是非。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事