command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • VLOOKUP関数とIF関数を組み合わせて使う使用例まとめ

VLOOKUP関数とIF関数を組み合わせて使う使用例まとめ

VLOOKUP関数とIF関数を組み合わせると様々な機能を持った数式を作成することができます。ここでは実務で使える組み合わせテクニックをいくつか解説していきます。

【復習】VLOOKUP関数とIF関数の書式

VLOOKUP関数とIF関数の組み合わせテクニックのご紹介の前にそれぞれの関数の書式の復習です。

VLOOKUP関数

=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型
  • 検索値:検索したい値を指定します。
  • 範囲:検索値とその対応値が含まれる範囲を指定します。
  • 列番号:取得したい値が左から何列目にあるかを指定します。
  • 検索の型:検索する際に完全一致した場合のみをマッチさせるか(FALSE)、完全一致する値が見つからなかったときはそれに近い値をマッチさせるか(TRUE)を指定します。省略可能です。

関連リンク
VLOOKUP関数の使い方(表から検索値に対応する値を取得)

IF関数

=IF(論理式,真の場合の値,偽の場合の値
  • 条件式:IF関数の出し分け条件となる論理式を入力します。
  • 真の場合の値:条件式に当てはまった場合の値を指定します。
  • 偽の場合の値:条件式に当てはまらなかった場合の値を指定します。

関連リンク
IF関数の使い方(処理を分岐)
IFS関数の使い方(複数条件ごとに結果を分ける)

使用例

VLOOKUPとIF関数を組み合わせて使う使用例を3つ紹介します。

使用例1:検索商品の在庫状況によって結果の分岐

商品IDを入力するとその商品の在庫状況を返す例です。在庫が0の場合は「在庫なし」と表示し、在庫が0以外の場合は「在庫あり」と表示します。

この例では在庫状況を表示しているH5に下記のような数式を入力しています。

=IF(VLOOKUP(H2,B3:E12,4,FALSE)=0,”在庫なし”,”在庫あり”)

IF関数の論理式の部分を「VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型) = 0」の形で作成し、VLOOKUP関数が返す値が0かどうかを判定しています。論理式に当てはまった場合は「在庫なし」を表示し、それ以外は「在庫あり」と表示しています。このようにExcelでは関数をそのまま「入れ子」して使うことができます。

使用例2:在庫0以外は在庫数を表示

上記例の応用編です。在庫が0の場合は「在庫なし」を表示し、在庫が0以外の場合は在庫数を表示します。

この例では下記のような数式を入力しています。

=IF(VLOOKUP(H2,B3:E12,4,FALSE)=0,”在庫なし”,VLOOKUP(H2,B3:E12,4,FALSE))

使用例1と同じように論理式の部分を「VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型) = 0」の形で作成し、論理式に当てはまらない場合に在庫を表示させるため、再度VLOOKUP関数を入力しています。

使用例3:在庫数を店舗ごとに出し分ける例

商品IDと店舗を指定して、その在庫数を返す例です。

この例では下記のような数式を入力しています。

=VLOOKUP(I2,B3:F12,IF(I3=”店舗A”,4,5),FALSE)

VLOOKUPの列番号に指定する値をIF関数で出し分けしています。店舗の指定が「店舗A」だった場合は4を返し、そうでなければ5を返すため、その対応する列番号の値を返す仕組みとなります。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事