command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • VLOOKUP関数で「0」やエラーを空白にする方法についてわかりやすく解説

VLOOKUP関数で「0」やエラーを空白にする方法についてわかりやすく解説

ExcelのVLOOKUP関数では、参照するセルが空欄の場合は「0」を返し、検索した値が見つからない場合や、検索値を設定していない場合(空白の場合)は「#N/A」エラーを返します。ここではVLOOKUP関数で「0」や「#N/A」ではなく、空白を返すように設定する方法について解説します。

VLOOKUP関数で「0」ではなく空白で返す方法

VLOOKUP関数で参照先のセルが空白の場合、「0」でなく空白(“”)で返す方法について解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:VLOOKUP関数の数式が入ったセルを選択

VLOOKUP関数の数式が入ったセルを選択します。セルの編集モードに切り替えるには「F2」キーを押下するのが早くて便利です。

手順2:数式の最後に「&””」を追加し、ENTERキーを押下

VLOOKUPの数式の一番最後に「&””」を追加します。これによって、VLOOKUP関数が「0」が返しても強制的に書式が文字列に変換されることで空白になるという仕組みです。

参照するセルが空白でも「0」ではなく空白を返すようになりました

VLOOKUP関数で「#N/A」ではなく空白で返す方法

VLOOKUP関数で「#N/A」エラー発生時に空白を返す方法について解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:VLOOKUP関数の数式が入ったセルを選択

VLOOKUP関数の数式が入ったセルを選択します。セルの編集モードに切り替えるには「F2」キーを押下するのが早くて便利です。

手順2:数式の「=」の後に「IFERROR(」と入力

VLOOKUP関数を囲むように「=」の後に「IFERROR(」と入力します。

手順3:数式の最後に「,””)」と入力し、ENTERキーを押下

数式の最後に「,””)」と入力します。””はIFERROR関数の第2引数の部分で、エラー発生時に何を表示するかを設定できます。「””」は空白を表しています。

検索値が存在しなくてもエラーではなく空白を返すようになりました

VLOOKUP関数で「0」も「#N/A」も空白で返す方法

上記で解説した方法を組み合わせて「0」も「#N/A」も空白で返す方法について解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:VLOOKUP関数の数式が入ったセルを選択

VLOOKUP関数の数式が入ったセルを選択します。セルの編集モードに切り替えるには「F2」キーを押下するのが早くて便利です。

手順2:数式の「=」の後に「IFERROR(」と入力

VLOOKUP関数を囲むように「=」の後に「IFERROR(」と入力します。

手順3:数式の最後に「&””,””)」と入力し、ENTERキーを押下

数式の最後に「&””,””))」と入力します。IFERROR関数の第1引数の最後に「&””」を追加することで「0」を空白に変換し、第2引数で「,””)」でIFERROR関数の第2引数であるエラー時の文字列(空白)を設定しています。

「0」も「#N/A」も空白で返すようになりました

おすすめの解説動画

当ページで紹介している方法とは少し違い、IF関数をつかってエラーを回避する方法について解説しています。わかりやすく解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事