command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • VLOOKUP関数の列番号とは?自動で列番号を変更する方法も

VLOOKUP関数の列番号とは?自動で列番号を変更する方法も

ここではVLOOKUP関数の第3引数の「列番号」について解説します。また数式をコピーした際に列番号を相対参照のように自動で可変する方法についても解説します。

「列番号」=”範囲内で左から何列目の値を取得したいか”

VLOOKUP関数の3つ目の設定値である「列番号」には指定した範囲の一番左の列から数えて何列目の値を取得するかを設定します。一番左の列を1としてカウントし、下記の例で言うと、範囲の商品名を取得したい場合は列番号は「2」を指定します。

VLOOKUP関数の構文

ここで改めてVLOOKUPの構文について解説します。

=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索方法
  • 検索値:範囲の先頭の列で検索する値を指定します。
  • 範囲:取得したいデータが含まれる表を指定します。先頭列に検索値として検索したいデータが含まれるように設定します。
  • 列番号:範囲の何列目の値を取得したいかを指定します。範囲の先頭列は1としてカウントします。
  • 検索方法:検索値と完全一致の値だけを検索するか、その近似値を含めて検索するか指定します。完全一致の場合は「FALSE」。近似値を含めて検索の場合は「TRUE」を指定します。

発展編:列番号を相対参照のように自動で可変するメリット

VLOOKUP関数の「列番号」は数式をコピーする際に自動で可変しません。なので下記のようにVLOOKUP関数を復数の列にコピーする際に1列ごとに「列番号」を設定し直す必要があります。列が少なければ良いですが、列が多いと一つづつ変更するのは手間なので、ここでは相対参照のように列番号を自動で可変させる方法について解説します。

列番号を可変させる方法:「COLUMNS関数」を使う

VLOOKUP関数で列番号を可変させるには「COLUMNS関数」を使うと便利です。COLUMNS関数とは指定した範囲の列数を返す関数で、範囲の始点を絶対参照にすることによって、始点から何列目にあるかを自動で取得することができます。下記で実際にCOLUMNS関数を使用して列番号を可変させる例について解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:VLOOKUP関数が入力されているセルを選択

VLOOKUP関数が入力されているセルを選択します。

手順2:「列番号」部分を消去し、「COLUMNS(」と入力

第3引数で設定されている「列番号」部分を一旦消去し、「COLUMNS

手順3:「範囲」で参照している表の一番左の列から「列番号」の数だけ範囲を広げて選択

第2引数の「範囲」で指定している参照テーブルの見出しの一番左の列から列番号の数だけ範囲を広げて選択します。

手順4:指定した範囲の始点のセルだけを絶対参照に変更

手順3で指定した範囲の始点セルを選択して「F4」キーを押下し、絶対参照に変更します。

手順5:「)」を入力しCOLUMNS関数を閉じる

「)」を入力しCOLUMNS関数を閉じます。

手順6:ENTERキーを押下する

数式を決定するためにENTERキーを押下します。

手順7:数式を他のセルにコピーする

数式を他のセルにコピー&ペーストします。

自動で列番号を可変させることができました。

無事、列番号を自動で可変し、ただしくVLOOKUP関数を入力することができました。

おすすめの解説動画

当ページの内容と同じ内容の解説をしている動画です。動画のほうがわかりやすいという方にはおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事