command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】改行をVBA内で表現する方法

【エクセル】改行をVBA内で表現する方法

VBAを扱う上でセルに文字列を挿入したり、メッセージボックスに文字列を表示させたりと、文字列を操作する場面は多くあります。ではVBAで指定する文字列内で、改行を表現するにはどうすれば良いのでしょうか?ここではVBAで改行を扱う方法について解説します。

VBAで改行を表現するコード

VBAでは改行を表現するコードが決まっており。用途によってコードが異なります。セル内で改行をするには「vbLf」を使用し、MsgBox内では「vbCrLf」を使用します。

用途コードChr(ASCII code)
セル内の改行vbLfChr(10)
MsgBox内の改行vbCrLfChr(13) + Chr(10)

サンプルコード1:セル内の改行

実際にセル内の改行を使った文字列をセルに入力するコードをサンプルとして記載します。

Sub Macro1()

    Dim txt As String

    txt = "aaa" & vbLf & "bbb"
    Range("A1").Value = txt

End Sub

サンプルコード2:MsgBox内の改行

実際にMsgBox内で改行を使ったコードをサンプルとして記載します。

Sub Macro2()

    MsgBox "aaa" & vbCrLf & "bbb"

End Sub

サンプルコードを試す手順

上記で紹介したサンプルコードを実行する方法です。VBA初心者の方はこちらを参照ください。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

手順1:開発タブの「Visual Basic」を選択

「開発タブ」内の「Visual Basic」を選択します。「開発タブ」はデフォルトでは表示されていないので、表示されてない場合は下記リンクを参照し表示させてください。

【エクセル】開発タブの表示方法をわかりやすく解説(Win/mac)https://command-lab.com/excel-developer/

手順2:シートをダブルクリック

Visual Basic Editorが起動したら。左上のプロジェクト内の「Sheet1」をダブルクリックします。

手順3:サンプルコードを貼り付け

上記で紹介しているサンプルコードのどちらか試したい方を貼り付けます。

手順4:再生ボタンを押下する

上記メニュー内の再生ボタン(▶︎)をクリックして、VBAを実行します。

サンプルコードが実行されました。

おすすめの解説動画

改行コードについてかなり詳しく説明している動画です。わかりやすく説明しているので、深く改行コードについて知りたい方にはかなりおすすめです。

ショートカットキーの練習ができます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

改行関連記事一覧

関連記事