command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】時間を足し算する方法についてわかりやすく解説

【エクセル】時間を足し算する方法についてわかりやすく解説

Excelでは時間の足し算ができるように作られています。ここではExcelで時間の足し算をする方法と、24時間以降の表示ができないなどの困った時の対処方法について解説します。

時間の足し算をする方法

時間の足し算をする方法は普通の数値を足し算する場合と変わらない手順でできます。下記に手順を解説します。

まずGIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:空白セルを選択

次に計算を行うために空白セルを選択します。

手順2:「=」と入力

「=」と入力します。

手順3:1つ目の時間が入力されているセルを選択

足し算したい1つ目の時間が入力されているセルを選択します。

手順4:「+」と入力

足し算を行いたいので「+」を入力します。

手順5:もう一方の時間の入力されたセルを選択

もう一方の時間をセル参照として選択します。

手順6:ENTERキーを押下する

2つの時刻を足した時刻が表示されました。3つ以上のセルを計算する場合は、さらに「+」でつなげていきます。また、デフォルト設定ですと、あくまで時刻を表す書式になっているので24時間以上は0に戻ってしまいます。24以上の数値を表示したい場合の対処方法は下記で解説します。

困った時の対処方法:24時間以上の時間の足し算が正しくできない

時間データを足し算した場合、「24:00」を「0:00」と表すなど24時間以上の時間を表示できない場面があります。そんなときの対処方法について解説します。

まずGIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:24時間以上の時間を表示させたいセルを選択

次に計算を行うために空白セルを選択します。

手順2:「Ctrl + 1」を押下し、「セルの書式設定」を開く

セルの書式設定のショートカットキーの「Ctrl + 1」を押下し、「セルの書式設定」ダイアログボックスを開きます。Mac版のショートカットキーは下記を参考にしてください。

「セルの書式設定」ダイアログボックスを開くWindowsCtrl1
mac(command)1

手順3:「表示形式」タブの「ユーザー定義」を選択

「表示形式」タブの「ユーザー定義」を選択します。

手順4:「種類」に「[h]:mm」と入力

「種類」に「[h]:mm」と入力します。この表示形式の記号によって、24時間以降の時間も表示できるようになります。分単位の60分を超える表示をしたい場合は「[mm]:ss」のように表示します。

手順5:「OK」を押下

24時間以降の時間数を表示できました。

「表示形式」のユーザー定義一覧表

参考用として下記に24時間などの時間の縛りをなくす表示形式の記号についてまとめます。

表示形式の記号結果例説明
[h]:mm123:4524時間を超える時間の合計を表示
[mm]:ss123:4560分を超える分の合計を表示
[ss]12360秒を超える秒の合計を表示

おすすめの解説動画

Excelの時間計算の仕組みである、シリアル値についてしっかりと解説をしているおすすめの動画です。非常に丁寧にわかりやすく解説しているので、時間の計算の仕組みをしっかり理解したい方はおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事