command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】SUMPRODUCT関数の使い方

【エクセル】SUMPRODUCT関数の使い方

複数行の掛け算をし、その合計を求めるのに便利なSUMPRODUCT関数。ここではSUMPRODUCT関数の便利な活用方法について解説していきます。ちゃんと理解すれば様々な場面で活用できるのでしっかり覚えておきましょう。

SUMPRODUCT関数について

SUMPRODUCT関数とは?

SUMPRODUCT関数とは、複数の掛け算の結果を合計する関数となります。範囲で指定して掛け算するので設定の仕方は少し特殊です。

SUMPRODUCT関数の書式

SUMPRODUCT関数の書式は下記となります。

  • 配列1:配列1,配列2,… には要素の積の合計を求めたい配列を 2 ~ 255 個まで指定できます。引数となる配列は、行数と列数が等しい配列である必要があります。
  • 配列2:配列1と同じように設定できます。条件は同じで、配列1で設定した行数と列数と等しい配列である必要があります。

SUMPRODUCT関数の使い方1:配列(範囲)の積の合計を計算

SUMPRODUCT関数を使って、範囲内の行ごとの積とその合計を求めます。

まずはGIFアニメーションで手順のざっくり確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。

手順1:空白セルを選択

SUMPRODUCT関数を入力するためのセルを選択します。

手順2:「=SUMPRODUCT(」と入力

SUMPRODUCT関数を入力します。入力しているとサジェストが表示されるのでTABキーを押下すると自動で入力されます。

手順3:掛け算をする最初の項目の範囲を選択

掛け算をする最初の範囲を選択します。

手順4:「,」でくぎり、掛け算をする2つ目の項目の範囲を選択

「,」で区切り、2つめの引数として掛け算をする2つ目の範囲を選択します。ここでは1つ目の範囲と同じだけの範囲を設定しないとエラーになります。

手順5:「)」で関数を閉じる

「)」を入力して関数を閉じます。

手順6:ENTERキーを押下

総合計金額が出力できました。

SUMPRODUCT関数の使い方2:範囲内で複数条件に合致するデータをカウント

SUMPRODUCT関数を使った応用編となります。SUMPRODUCT関数では範囲内で複数条件に合致するデータの数をカウントすることができます。下記の例では表の中で「赤いまる」の数がいくつ含まれるかを求めます。

まずはGIFアニメーションで手順のざっくり確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。

手順1:空白セルを選択

SUMPRODUCT関数を入力するためのセルを選択します。

手順2:「=SUMPRODUCT((」と入力

SUMPRODUCT関数を入力します。入力しているとサジェストが表示されるのでTABキーを押下すると自動で入力されます。注意点としてさらに連続で「(」を追加しているので必ず入力してください。

手順3:最初の項目の範囲を選択

この例でいうと「形」データの範囲を選択します。

手順4:「=”まる”)*(」と入力

少しややこしいですが、続けて「=”丸”)*(」と入力します。内部的な説明をすると「(B3:B8=”丸”)」の部分では範囲内のセルをひとつずつチェックし「丸」と記載されている箇所には「1」を返し、そうでない箇所には「0」を返す仕組みとなっています。

手順5:次の項目の範囲を選択

この例でいうと「色」データの範囲を選択します。

手順6:「=”赤”))」と入力する

続けて「=”赤”))」と入力します。「(C3:C8=”赤”)」の部分でも範囲内のセルをひとつずつチェックし「赤」と記載されている箇所には「1」を返し、そうでない箇所には「0」を返す仕組みとなっています。

手順7:ENTERキーを押下

ENTERキーを押下すると「赤いまる」の数が出力されました。掛け算は「0」を含めると必ず「0」が答えになるので、二つの範囲をそれぞれの行で掛けた時に2つの条件にあっている行だけ「1」が返されるので2つの条件にあった数が割り出されるという仕組みです。よく理解できない場合は、そういうものだと覚えておきましょう。

SUMPRODUCT関数の使い方3:範囲内で複数条件に合致するデータ内の数値データの合計を計算

上記で解説している応用をさらに応用した使い方になります。範囲内で複数条件に合致したデータの行の数値データの合計を求めるというものです。実際に例で解説した方が理解が早いので、下記のような表で20代男性の納税額の合計を求める方法について解説します。

まずはGIFアニメーションで手順のざっくり確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。

手順1:空白セルを選択

SUMPRODUCT関数を入力するためのセルを選択します。

手順2:「=SUMPRODUCT((」と入力

SUMPRODUCT関数を入力します。入力しているとサジェストが表示されるのでTABキーを押下すると自動で入力されます。注意点としてさらに連続で「(」を追加しているので必ず入力してください。

手順3:最初の項目の範囲を選択

この例でいうと「性別」データの範囲を選択します。

手順4:「=”男”)*(」と入力

少しややこしいですが、続けて「=”男”)*(」と入力します。内部的な説明をすると「(B3:B8=”男”)」の部分では範囲内のセルをひとつずつチェックし「男」と記載されている箇所には「1」を返し、そうでない箇所には「0」を返す仕組みとなっています。

手順5:次の項目の範囲を選択

この例でいうと「年代」データの範囲を選択します。

手順6:「=20)*(」と入力する

続けて「=20)*(」と入力します。「(C3:C8=20)」の部分でも範囲内のセルをひとつずつチェックし「20」と記載されている箇所には「1」を返し、そうでない箇所には「0」を返す仕組みとなっています。

手順7:次の数値データの範囲を選択

この例でいうと「納税額」データの範囲を選択します。

手順8:「))」と入力する

続けて「))」と入力し関数を閉じます。

手順9:ENTERキーを押下

ENTERキーを押下すると「20代男性の納税額合計」の数が出力されました。掛け算は「0」を含めると必ず「0」が答えになるので、数値ではない2つの範囲をそれぞれの行で掛けた時に2つの条件にあっている行だけ「1」が返されるので2つの条件にあった数値データだけの合計が割り出されるという仕組みです。よく理解できない場合は、そういうものだと覚えておきましょう。

おすすめの解説動画

SUMPRODUCT関数について解説しているおすすめの動画です。非常にわかりやすく解説しているので、見ておくことをおすすめします。基本について解説している動画と本記事で解説している内容とは少し違う応用編について解説している動画と2つあります。

SUMPRODUCT関数の基本

SUMPRODUCT関数の応用編

ショートカットキーの練習ができます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事