command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】SUM関数の使い方(足し算で合計値を求める)

【エクセル】SUM関数の使い方(足し算で合計値を求める)

Excelの関数の中でもかなりの頻度で使われているであろうSUM関数。ここでは指定した範囲の数値の合計を自動で計算してくれる便利なSUM関数について解説します。

SUM関数とは

まずはSUM関数の書式や特性について解説します。

SUM関数の書式

SUM関数の書式です。設定値は1〜255個設定可能です。最低ひとつは設定する必要があります。

  • 数値1:加算する最初の数字。「B2:B6」などのようにセル範囲を指定することも可能
  • 数値2:加算する2つ目の数値。この2つ目以降は省略可能。このように数値を255個まで設定可能

SUM関数の特性まとめ

  • 指定した範囲ないの数値をすべて足し算し、合計を出す
  • 引数は1〜255まで設定可能
  • 一つの引数に「B2:B6」などのようにセル範囲を指定することも可能
  • 指定したセル内に数値以外のデータがある場合は無視する。

SUM関数の使い方

実際のSUM関数を使う手順について解説します。下記のGIFアニメーションを最初にみて、ざっくりとで良いのでイメージを掴んでおくと理解が早いです。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

手順1:空白セルを選択する

関数を入力するための空白セルと選択します。

手順2:「=SUM(」と入力する

SUM関数を入力します。入力途中にサジェストが表示されるのでSUM関数の上でTABキーを押下すると自動で入力がされるので便利です。

手順3:合計したい数値範囲を指定する

合計したい数値の範囲を指定します。複数範囲を指定したい場合は、「,」で区切って2つ目の以降の引数でセル範囲を指定します。

手順4:「)」で関数を閉じる

手順5:ENTERキーを押下する

もっと便利なオートSUMの使い方

上記でSUM関数の使い方について解説しましたが、Excelにはもっと簡単にSUM関数が使える「オートSUM」と言われる機能がついています。下記でオートSUMの使い方について解説します。下記のアニメーションを最初にみて、ざっくりと流れを理解しておくと理解が早いです。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

手順1:空白セルを選択する

合計値を算出するセルを選択しておきます。

手順2:ホームタブ右側にある「オートSUM」を押下する

ホームタブ内の右側にある「編集」グループ内の「Σ」と書かれた「オートSUM」をクリックします。エクセルのウィンドウ幅が狭いと表示されていない場合があります。

手順3:必要に応じて自動計算の範囲を広げる

「オートSUM」を押下すると自動で範囲を指定されます。調整が必要な場合は選択範囲にフォーカスを合わせて、ドラッグして範囲を再調整するか新たに範囲をドラッグし直してください。複数箇所を選択したい場合はCtrlキーを押下しながら、ドラッグで追加選択します。

手順4:ENTERキーを押下する

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

おすすめの解説動画

SUM関数の使い方について丁寧に詳しく解説しています。本記事では紹介していない細かいところまでしっかり解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習ができます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事