command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】四捨五入をするROUND関数の使い方をわかりやすく図解

【エクセル】四捨五入をするROUND関数の使い方をわかりやすく図解

Excelでは数値を四捨五入したり、切り上げ、切り捨てを行うことができます。ここではROUND関数を使って四捨五入する方法、その必要性や注意点に解説します。

ROUND関数で四捨五入をする

Excelで四捨五入するにはROUND関数を使うのが一般的です。ROUND関数は指定した桁数で四捨五入ができる関数です。また切り捨てを行いたい場合はROUNDDOWN関数、切り上げを行いたい場合はROUNDUP関数をそれぞれ使用します。まず下記でROUND関数の書式の説明をします。

関連リンク
ROUNDDOWN関数の使い方(指定桁で切り捨てを行う)
ROUNDUP関数の使い方(指定桁で切り上げを行う)

ROUND関数の書式

=ROUND(数値,桁数
  • 数値:1つ目の引数には「四捨五入する数値」を設定します。この設定値は直接数値を入力しても良いし、セルを参照するようにしても良いです。多くの場合はセルを参照する形式をとります。この引数は必須項目です。
  • 桁数:2つ目の引数には「四捨五入する桁数」を設定します。一の位で整える場合は「0」を設定し、小数点第一位で整える場合は「1」を設定し、十の位で整える場合は「−1」を設定します。下記に数値「123.456」に対して、それぞれの桁数別の結果をまとめています。この引数は必須項目です。
    数式結果
    =ROUND(123.456,2)123.46
    =ROUND(123.456,1)123.5
    =ROUND(123.456,0)123
    =ROUND(123.456,-1)120
    =ROUND(123.456,-2)100

使用例:値段の平均値を四捨五入

商品の金額が記載されているリストから、平均の金額を出し、その平均値を一の位で整える例です。この例では平均を出すAVERAGE関数をROUND関数の1つ目の引数に入れ子にしています。=AVERAGE(C3:C7)単体では「187.8」ですが、ROUND関数で「=ROUND(AVERAGE(C3:C7),0)」のように囲むことで平均値を四捨五入しています。

書式設定による四捨五入の注意点

Excelではセルの書式設定でも四捨五入を行うことができます。しかし、その場合は見た目で四捨五入されていてもデータ自体は四捨五入がされておらず、計算を行うと結果が数円違うなどの事象が起きるので、注意が必要です。 下記の例ではROUND関数で四捨五入した数値と書式設定で四捨五入した数値の合計をそれぞれ表示していますが、結果に違いが出ているのがわかります。請求書などの書類を作成する上でこのようなエラーは起こりがちなので、それぞれの数値をROUND関数などの数値を丸める関数を使って処理する必要があります。

要点まとめ

  • 四捨五入を行うにはROUND関数を使用します。
  • ROUND関数は第2引数の「桁数」で四捨五入を行う桁を指定できます。
  • 第1引数の「数値」に指定したデータが数値ではない場合は#VALUEエラーを返します。
  • 切り捨てを行うにはROUNDDOWN関数を使います。
  • 切り上げを行うにはROUNDUP関数を使います。

関連リンク

四捨五入をする関数
FIXED関数の使い方(数値を四捨五入しての文字列に変換)
MROUND関数の使い方(数値を指定された数値の倍数に丸める

切り捨てを行う関数
ROUNDDOWN関数の使い方をわかりやすく解説
TRUNC関数の使い方(数値を指定桁で切り捨てる)
FLOOR関数の使い方をわかりやすく解説
INT関数の使い方をわかりやすく解説

切り上げを行う関数
ROUNDUP関数の使い方をわかりやすく解説
CEILING関数の使い方(数値を最も近い倍数に切り上げる)

おすすめの解説動画

一番わかりやすいおすすめの解説動画をご紹介します。ROUND関数の基本と他関数との入れ子(ネスト)方法も非常にわかりやすく解説しています。

ショートカットキーの練習ができます。

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事