command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】四捨五入をするROUND関数の使い方をわかりやすく図解

【エクセル】四捨五入をするROUND関数の使い方をわかりやすく図解

Excelで数値を四捨五入する方法は2つあります。一つは関数を使って行う方法と、もう一つはセルの書式設定で行う方法です。 

ここではROUND関数についての説明と、ROUND関数を使って数値を四捨五入する手順をご紹介していきます。後半では発展編としてROUND関数と他の関数の組み合わせについても説明しています。

四捨五入を自動で行うROUND関数

Excelには四捨五入する関数が用意されています。それが「ROUND関数」となります。ROUND関数ではどこの桁で四捨五入するかの設定ができるようになっています。

ROUND関数について

ROUND関数の設定する際の設定値の説明です。設定項目は2つあり、1つは「四捨五入する数値」、もう一つは「四捨五入する桁数」となります。書式については下記のようになっています。尚、設定する項目は引数(ひきすう)とも読んでいます。引数は聴き慣れない方も多いかもしれませんが、プログラムの世界ではよく登場する用語になりますので、この機会に覚えておくとよいでしょう。

ROUND関数の書式

1つ目の引数に「四捨五入する数値」を設定

1つ目の引数には「四捨五入する数値」を設定します。この設定値は直接数値を入力しても良いし、セルを参照するようにしても良いです。多くの場合はセルを参照する形式をとります。

2つ目の引数に「四捨五入する桁数」を設定

2つ目の引数には「四捨五入する桁数」を設定します。一の位で整える場合は「0」を設定し、小数点第一位で整える場合は「1」を設定し、十の位で整える場合は「−1」を設定します。下記に数値「123.456」に対して、それぞれの桁数別の結果をまとめています。

四捨五入する桁数の数値別結果

数値「123.456」に対して、四捨五入する桁数の数値別結果を表にまとめました。小数点以下を四捨五入するには「0」を設定します。

設定値結果
=ROUND(123.456,2)123.46
=ROUND(123.456,1)123.5
=ROUND(123.456,0)123
=ROUND(123.456,-1)120
=ROUND(123.456,-2)100

ROUND関数の使用手順

実際の作業例を見て、使い方をイメージしていきましょう。下記例ではROUND関数を使って果物の値段の平均値を四捨五入します。

GIFアニメーションで全体手順をざっくり確認

まずGIFアニメーションでざっくりと全体の手順を確認してみましょう。

手順1:四捨五入する数値を入れる空白セルを選択

ROUND関数を入力する列を用意し、まずは一番上のセルだけ選択します。

手順2:数式バーに「=round(」と入力

数式バーに「=round(」と入力します。すべて手打ちしなくても入力途中でサジェストが出現するのでその上でTABキーを押下すると自動で入力されます。関数のサジェスト機能は使いこなすとかなり便利なので是非覚えておきましょう。

手順3:1つ目の引数として四捨五入したい数値のセルを選択

1つ目の引数として四捨五入したい数値のセルを選択します。この場合は左隣のセルになります。

手順4:「,(カンマ)」を入力

「,(カンマ)」で引数を区切ります。

手順5:2つ目の引数として四捨五入する桁数を設定

2つ目の引数として、四捨五入する桁数を設定します。この場合は、小数点以下をなくしたいので、「0」と入力します。

手順6:ENTERキーを押下

ENTERキーを押下するとROUND関数が適用されます。この際に入力値に「)」が足りなくてもエクセルが自動的に補完してくれます。

手順7:フィルハンドルをドラッグして、残りのセルに数式をコピー

セルの右下の十字マーク(フィルハンドル)を下にドラッグして残りのセルに数式をコピーします。

完成

すべて四捨五入することができました。

他の関数との組み合わせ

ROUND関数の基本的な使い方を上記で学んでいただきましたが、ROUND関数を他の関数を組み合わせて使う場面も多く出てくるかと思います。関数を組みあわせる時は、引数に入れ子(ネスト)にするのが一般的です。また入れ子(ネスト)にするイメージができれば、他のどの関数でも応用が効きやすいです。下記では3つの試験の平均点を出すAVERAGE関数とROUND関数を組み合わせる例を紹介しています。下記の手順を覚えて、入れ子(ネスト)にするイメージを身に付けてください。

例:3つの試験の平均点を小数点以下を四捨五入して表示する

ここでは3つの試験の平均点をだしつつ、その値の小数点以下を四捨五入する方法について説明します。AVERAGE関数をROUND関数で囲っていることを意識してください。関数の入れ子(ネスト)は内側の関数から順に処理されていることを意識しないと式がおかしくなってしまいます。 下記GIFアニメーションでざっくりと手順を見てから進めるとイメージがつきやすくスムーズです。

GIFアニメーションで全体手順をざっくり確認

手順1:空白セルを用意して選択

AVERAGE関数とROUND関数を組み合わせた式を入力するセルを用意します。ここに結果が表示されます。

手順2:数式バーに「=round(average(」と入力

数式バーに「=round(average(」と入力します。上記でも紹介しましたが、関数のサジェスト機能を使うとクイックに入力ができます。(サジェスト上でTABキーを押下するとサジェストが適用されます。)

手順3:平均を出すために3つの試験の点数をドラッグして選択

AVERAGE関数の引数に設定するセルをドラッグして選択します。

手順4:「),0)」と入力

AVERAGE関数を「)」で閉じて、「,0」でROUND関数の次の引数を入力します。小数点以下を四捨五入したいので、「0」と入力します。

手順5:ENTERキーを押下する

ENTERキーを押下して、数式を確定させます。

手順6:フィルハンドルをドラッグして、数式を残りのセルにコピー

セルの右下の十字マーク(フィルハンドル)を下にドラッグして残りのセルに数式をコピーします。

完成

四捨五入した平均値が出力されました。この時点で計算が自動でされてない場合は、「数式タブ」の「計算方法の設定」が手動になっていないか確認してみてください。

おすすめの解説動画

一番わかりやすいおすすめの解説動画をご紹介します。ROUND関数の基本と他関数との入れ子(ネスト)方法も非常にわかりやすく解説しています。

ショートカットキーの練習ができます。

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連リンク

そもそも四捨五入とは?

そもそも四捨五入ってなんでしょうか?小学生で習う四捨五入について改めて復習です。 四捨五入とは端数の処理方法の1つで、複数ある桁の任意の桁から下の数値を0にしたい際、その桁に入っている数値が4以下だったら「0」にし、5以上であれば一つ上の桁の数値に1を足し、その桁から下を0にします。たとえば「123.4567」を小数点第1位で四捨五入すると、「123」になり、小数点第2位で四捨五入すると「123.5」となります。

関連記事