command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】乱数(ランダムな数値)を生成する方法をわかりやすく解説

【エクセル】乱数(ランダムな数値)を生成する方法をわかりやすく解説

Excelでランダムな値を生成する方法は、RAND関数を使う方法とRANDBETWEEN関数を使う方法の2つになります。ここではそれぞれの使い方について解説します。

RAND関数を使って0以上1未満の乱数(ランダムな数値)を生成する方法

RAND関数を使って乱数(ランダムな数値)を生成する方法について解説します。

RAND関数の説明と構文

RAND関数は0以上1未満の乱数を生成します。再計算されるたびに新しい乱数が生成されます。引数はないので、何も設定せずに使えます。通常はRAND関数と数式を組み合わせて目的に沿ったランダム数を生成したりします。

=RAND()

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:空白セルを選択

数式を入力するセルを選択します。

手順2:「=RAND()」と入力し、ENTERキーを押下

「=RAND()」と入力します。引数(設定値)はないので、()内には何も記載しません。入力途中にサジェストが表示されるのでTABキーを押下すると自動入力されます。

0以上1未満の乱数(ランダムな数値)が生成できました。

RANDBETWEEN関数を使って指定範囲の乱数(ランダムな数値)を生成する方法

RANDBETWEEN関数を使って指定した範囲の乱数(ランダムな数値)を生成する方法に解説します。この例では0〜10の整数をランダムで生成する方法について解説します。

RANDBETWEEN関数の説明と構文

RANDBETWEEN関数は指定された範囲内での整数の乱数を返します。

=RANDBETWEEN(最小値,最大値
  • 最小値:乱数の最小値を整数で指定
  • 最大値:乱数の最大値を整数で指定

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:空白セルを選択

数式を入力するセルを選択します。

手順2:「=RANDBETWEEN(」と入力

「=RANDBETWEEN(」と入力します。入力途中にサジェストが表示されるのでTABキーを押下すると自動入力されます。

手順3:最小値を整数で指定

1つ目の引数として最小値を整数で設定します。この例では0〜10の整数をランダム表示させたいので、「0」を記入します。

手順4:「,」で区切り、最大値を整数で指定

「,」で区切り、最大値を整数で指定します。この例では「10」を指定します。

手順5:「)」で関数を閉じ、ENTERキーを押下

指定した範囲内で乱数(ランダムな数値)を生成することができました。

乱数(ランダムな数値)を更新する方法

乱数を更新する方法について解説します。

手順:「数式」タブの「計算方法」グループ内の「シート再計算」を押下

「数式」タブの「計算方法」グループ内の「シート再計算」を押下するとシート内で再計算され、ランダム数値を再生成します。ショートカットキーも用意されており、「SHIFTキー + F9」でも実行可能です。 

シート再計算に関連するショートカットキー

ブック全体の数式を再計算WindowsF9
macF9
シートの数式を再計算WindowsshiftF9
mac(shift)F9

おすすめの解説動画

RAND関数の使い方の解説動画

RAND関数について丁寧にかつ簡潔に説明している動画です。範囲を指定して計算する方法について解説しており、おすすめです。

RANDBETWEEN関数の使い方の解説動画

特定範囲内のランダムな整数を返す、RANDBETWEEN関数についてわかりやすく解説している動画です。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事