command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】プルダウンを開くショートカットキー(Win・mac)

【エクセル】プルダウンを開くショートカットキー(Win・mac)

Excelで入力する項目が限られたりしている時に、プルダウンで項目を選べるようになっている場面をよく見るかと思います。想定外の入力を防いだり、入力する手間が省けたりと非常に便利なプルダウンですが、キーボードだけで操作できるようにショートカットキーが用意されています。マウスで操作するよりも断然効率的に操作できますので、是非覚えておきましょう。

プルダウンを開くショートカットキー

プルダウンを開くショートカットキーは下記です。プルダウンを開いた後は矢印キーで項目を選んでEnterキーを押下して決定します。Windowsとmacにそれぞれ用意されています。

入力規則オプションの一覧を開くWindowsalt
mac(option)

プルダウン(入力規則)の設定方法

プルダウン(入力規則)の設定方法です。リストの項目をシート上に用意しておいてそれを参照する方法がお勧めですが、「データ入力規則」入力時に「Excel,PowerPoint,Photoshop」という具合に「,」区切りで直接項目を入力する方法でもできます。

設定手順

  1. 選択項目を準備しておく(上部のE列に記載例)
  2. 「データ」タブを開く
  3. 「データの入力規則」を選択
  4. 「入力値の種類」をリストに変更
  5. 「元の値」右部の↑をクリックして、用意しておいた選択項目を選択
  6. ↓をクリックして選択項目を設定
  7. 「OK」をクリックしてプルダウン設定完了

ショートカットキーの練習ができます。

当サイトはショートカットキーの練習ができる機能がついています。プレビューで動きを確認しながら繰り返し練習ができ、直観的にショートカットキーを覚えることができるので作業が劇的に早くなれます。

是非当サイトで定期的に練習してみてください。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

ショートカット関連記事一覧

関連記事