command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】連動するプルダウンを作成する方法をわかりやすく解説

【エクセル】連動するプルダウンを作成する方法をわかりやすく解説

Excelでは入力値をプルダウン(ドロップダウン)リストで選べるように設定可能ですが、例えば1つ目のプルダウンで食べ物の分類を選択し、2つ目のプルダウンでは1つ目に選んだ分類に沿った食べ物のみを選択項目にするというように、選択値によってプルダウンリストの内容を連動させる仕組みはどう作れば良いでしょうか?

ここではプルダウンリストの入力値によって、選択項目を連動させる方法について解説します。

連動するプルダウンリスト(ドラップダウンリスト)を作成する方法

連動するプルダウンリストの作成方法について解説します。ここでは例として、1つ目のプルダウンで食べ物の分類を選択し、2つ目のプルダウンでは1つ目に選んだ分類に沿った食べ物のみを選択項目にする仕組みを作成していきます。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:連動させる食品名のリストを作成

1つ目のプルダウンで選ぶ分類を見出しにして、連動させる食品名のリストを作成します。後ほどこのリストの行ごとに名前を定義し、連動に活用します。

手順2:1つ目のプルダウンを作成したい空白セルを選択

分類のプルダウンを設置したい空白セルを選択します。

手順3:「データ」タブの「データの入力規則」を選択

「データ」タブの「データの入力規則」を選択します。

手順4:「設定」タブの「入力値の種類」を「リスト」に変更

「データ入力規則」のダイヤログが表示されるので、「設定」タブの「入力値の種類」を「リスト」に変更します。

手順5:「元の値」に分類の項目の範囲を設定し「OK」を押下

「元の値」に分類の項目の範囲を設定し、「OK」を押下します。範囲設定は「元の値」をフォーカスした状態で設定したいセルをドラッグすると自動で入力されます。

手順6:手順1で作成した分類リストを範囲選択

次に手順1で作成した分類リストに名前の定義をするために、リストを範囲選択します。

手順7:「数式」タブの「定義された名前グループ」内の「選択範囲から作成」を選択

「数式」タブの「定義された名前グループ」内の「選択範囲から作成」を選択します。

手順8:「左端列」のみチェックし、「OK」を選択

「以下に含まれる値から名前を作成」では「左端列」のみチェックし、「OK」を選択します。この操作によって、各分類の食品群に名前が定義されました。これによって、範囲を名前で参照することができるようになります。

手順9:2つ目のプルダウンを作成したい空白セルを選択

2つ目のプルダウンを作成したい空白セルを選択します。

手順10:「データ」タブの「データの入力規則」を選択

1つ目のプルダウン作成と同じく、「データ」タブの「データの入力規則」を選択します。

手順11:「設定」タブの「入力値の種類」を「リスト」に変更

1つ目のプルダウンと同じく、「設定」タブの「入力値の種類」を「リスト」に変更します。

手順12:「元の値」に「=INDIRECT(」と入力

「元の値」に「=INDIRECT(」と入力します。INDIRECT関数とはセルの参照を文字列で指定するする関数です。

手順13:1つ目にプルダウン設定したセルを参照し、「)」を入力し「OK」を押下

1つ目にプルダウン設定したセルを参照し、「)」を入力し「OK」を押下します。1つ目のプルダウンの項目がそのまま名前定義された範囲の名前となっているので、1つ目のプルダウンを選択すると、INDIRECT関数によって、選択項目の参照範囲が可変するという仕組みです。

手順14:アラートメッセージで「はい」を選択

「元の値はエラーと判断されます。続けますか?」とアラートダイヤログが出ますがが「はい」を選択します。

連動するプルダウンが完成しました。

おすすめの解説動画

連動するプルダウンの作成方法について解説している動画です。こちらの動画では今後の更新についても視野にいれて、テーブル機能を使ったプルダウン連動の方法について解説しているので、見ておいたほうが良いおすすめの動画です。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事