command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】保護ビューを解除する方法をわかりやすく解説

【エクセル】保護ビューを解除する方法をわかりやすく解説

インターネットやメールからダウンロードしたExcelファイルを開くと下記のような「保護ビュー」と書かれた黄色い帯が上部に表示されます。この保護ビューの帯は外部から持ってきたファイルにウイルスの危険があるため、一時的にファイルの編集ができない状態にしている際に表示されるものです。ファイルを編集できるようにするには「編集を有効にする」と書かれたボタンを押下します。

しかし、ダウンロードするたびに毎回「編集を有効にする」を押下するのは手間になります。ここではファイルの保護ビュー状態を設定によって、常に解除する方法について解説します。

注意点:ウイルスからパソコンを守るための保護ビューなので、設定解除後もウィルス感染の危険があるファイルは絶対開かないようにしましょう。保護ビューの帯を表示されないようにする必要性があまりないのであればそのままの設定にしておくことをおすすめします。

保護ビューを解除する方法

インターネットやメールからダウンロードした時に適用される保護ビューを設定によって解除する方法について解説します。新規ダウンロードファイルを開く際はダイレクトに開かれるようになります。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:「ファイル」を選択

上部の「ファイル」タブを選択します。

手順2:「オプション」を選択

左側のナビの一番下にある「オプション」を押下します。

手順3:「トラストセンター」内の「トラストセンターの設定」を選択

Excelのオプションダイヤログが表示されるので、左ナビの一番下にある「トラストセンター」を押下し、「トラストセンターの設定」ボタンを押下します。

手順4:「保護ビュー」を選択し、さらに「保護ビュー」グループ内のチェックをはずす

「トラストセンター」ダイヤログボックスが表示されるので、左ナビ内の「保護ビュー」を選択し、さらにメインウィンドウ内の「保護ビュー」グループ内のチェックボックスを全て外します。

手順5:「OK」を押下

「OK」を2回押下し、設定完了です。

保護ビューが適用されなくなりました

新規でダウンロードしたExcelファイルに保護ビューが適用されなくなりました。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事