command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】余白なしで印刷する方法を分かりやすく解説

【エクセル】余白なしで印刷する方法を分かりやすく解説

Excelで印刷する際に余白をなくして印刷する方法について解説します。

余白をなしに設定する方法

余白をなくす設定方法について解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:「ページレイアウト」タブを選択

上部タブのメニューの中の「ページレイアウト」タブを選択します。

手順2:「余白」を選択

「ページ設定」グループ内の「余白」を選択します。

手順3:「ユーザー設定の余白」を選択

表示されるメニュー下部の「ユーザー設定の余白」を選択します。

手順4:「上、左、右、下、ヘッダー、フッター」をそれぞれ「0」に設定

余白の幅を数値で指定できるので、「上、左、右、下、ヘッダー、フッター」をそれぞれ「0」に設定します。

手順5:「OK」を押下

印刷時に余白をなくすことができました。

「CTRL + P」を押下し、印刷プレビューを表示させると、余白がなくなったのがわかります。

余白が残ってしまう場合の対処法

上記方法で設定しても余白が残ってしまう場合があります。その理由はプリンター側の設定によるものですので、印刷時の「プリンターのプロパティ」から別途プリンター側の余白をなしにする必要があります。プリンターそれぞれで設定項目が違うので、プリンターのマニュアルを参照するか、自身で設定項目を探し出すと良いでしょう。

おすすめの解説動画

印刷時に横にはみ出る場合の対処方法など、印刷時のよくある困りごとの解決方法を解説している動画です。知っておいたほうが良いことばかりなので、視聴をおすすめします。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事