command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】印刷範囲がずれる場合の対処方法をわかりやすく解説

【エクセル】印刷範囲がずれる場合の対処方法をわかりやすく解説

エクセルで印刷をする時、ページごとの印刷範囲がイメージしていた範囲とずれる場合が多くあると思います。例えば下記のように2ページ目までで収めればスッキリ印刷できるのに、データ1行だけ印刷するのに3枚目の紙を消費してしまうのは紙も持っていないですし、資料としては読みにくいものになってしまいます。

ここではExcelの印刷範囲をコントロールする機能を使って、適切な印刷範囲に設定する方法について解説します。

印刷範囲をページごとに自由に調整する方法

印刷範囲をページごとに自由に調節する方法について解説します。ここでは例として普通に印刷したら3ページ目にはみ出てしまうデータを2ページに収めます。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:「表示」タブの「改ページプレビュー」を選択

「表示」タブ内の「改ページプレビュー」を選択します。改ページプレビューモードになると印刷範囲以外がグレーアウトされ、ページの区切りが点線で表示されます。

手順2:印刷範囲をドラッグして調整

青い実線や点線はドラッグして調整できるので調整します。ここでは3ページ目との区切りの点線をドラッグし、2ページに収めます。

印刷範囲を調整し、2ページに収めることができました。

印刷プレビューで確認すると、2ページに収めることができています。

おすすめの解説動画

印刷時に横にはみ出る場合の対処方法など、印刷時のよくある困りごとの解決方法を解説している動画です。知っておいたほうが良いことばかりなので、視聴をおすすめします。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事