command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】ファイルにパスワードを設定・解除する方法

【エクセル】ファイルにパスワードを設定・解除する方法

作成したExcelファイルを人に見られたくない時や社外秘の重要な資料だったりする場合はExcelファイルにパスワードをかけることが可能です。パスワードをかけると、Excelファイルを開く際にパスワードを求められ、パスワードを知らないと開くことができなくなります。ここではパスワードの設定方法と、設定したパスワードの解除方法について解説します。

パスワードの設定方法

Excelファイルにパスワードを設定する方法について解説します。ファイルを開くためのパスワード、ファイルの内容を変更するためのパスワード、それぞれに設定することが可能です。

GIFアニメーションでまずは手順確認

手順1:「ファイル」タブを選択

上部メニューの「ファイル」タブを選択します。

手順2:「名前をつけて保存」を選択

左側のメニュー内の「名前をつけて保存」を選択します。

手順3:「参照」を選択します

その他の場所グループ内の「参照」を選択します。ここまでの動作はショートカットキーが用意されており、「F12」キーを押下すると「名前をつけて保存」ウィンドウを開くことが可能です。

手順4:「ツール」のプルダウンを選択

別ウィンドウが表示されるのでウィンドウ下部にある「ツール」を選択し、プルダウンを表示させます。

手順5:「全般オプション」を選択

プルダウン内の「全般オプション」を選択します

手順6:「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」を設定(どちらか一方だけでもOK)

「読み取りパスワード」はファイルを開く際に求められるパスワード、「書き込みパスワード」はExcelの内容を変更するために必要なパスワードとなります。片方だけの設定も可能なので、必要に応じて設定します。

手順7:OKを押下

OKを押下した後にパスワード確認を求められるので、再度入力してもう一度「OK」を押下します。

手順8:「保存」ボタンを押下して完了

ファイル名や保存場所を適宜変更し、「保存」ボタンを押下して完了します。

設定したファイルを開くとパスワードを求められます

パスワードを設定し、保存したファイルを開くとパスワードを求められます。

パスワードの設定解除方法

次にパスワードの設定の解除方法について解説します。解除方法とは言っても、パスワード設定をはずし、上書き保存するという手順となります。

GIFアニメーションでまずは手順確認

手順1:該当ファイルを開く

パスワード設定解除したいファイルを開きます。

手順2:「ファイル」タブを選択

上部メニューの「ファイル」タブを選択します。

手順3:「名前をつけて保存」を選択

左側のメニュー内の「名前をつけて保存」を選択します。

手順4:「参照」を選択します

その他の場所グループ内の「参照」を選択します。ここまでの動作はショートカットキーが用意されており、「F12」キーを押下すると「名前をつけて保存」ウィンドウを開くことが可能です。

手順5:「ツール」のプルダウンを選択

別ウィンドウが表示されるのでウィンドウ下部にある「ツール」を選択し、プルダウンを表示させます。

手順6:「全般オプション」を選択

プルダウン内の「全般オプション」を選択します

手順7:入力されているパスワードを削除する

パスワードがすでに設定されているので、パスワードをすべて削除します。

手順8:「OK」を押下

手順9:「保存」ボタンを押下して完了

ファイル名や保存場所を適宜変更し、「保存」ボタンを押下して完了します。上書き保存であれば同じファイル名に設定し、上書き保存します。

パスワードが解除されました

おすすめの解説動画

当記事で紹介している内容を解説している動画です。時間に余裕があり、音声が出せる環境であれば動画視聴をおすすめします。

ショートカットキーの練習ができます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事