command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】改行をセル内で行う方法まとめ(Win・mac)

【エクセル】改行をセル内で行う方法まとめ(Win・mac)

Excelでよくつまづく人が多いのがセル内の改行です。通常のテキストエディタなどでは改行はENTERキーを押下するだけで済みますが、Excelのセルの編集をしている時に同じように改行しようとENTERキーを押下するとセル編集モードが終了して、下に移動してしまいます。本記事ではWindows、Macでのそれぞれのセル内での改行方法と、改行に関連した様々なノウハウをまとめています。

セル内で改行する手順

セル内で改行する手順は簡単です。覚えておきさえすれば不自由なく改行を行えるでしょう。具体的手順は下記となります。

手順1:セル編集モードにする

セルをダブルクリックするか、「F2」キーを押下するとセルの編集モードになります。

手順2:改行したい箇所にカーソルを移動

改行したい場所にカーソルを合わせ、選択しておきます。

手順3:「alt」キーを押しながら「ENTER」キーを押下する

Windowsであれば、「alt」キーを押しながら「ENTER」キーで改行できます。macであれば「⌘(コマンド)」キーと「⌥(オプション)」キーを押しながら「return」キーを押下すると改行できます。

同じセル内で改行するWindowsaltEnter
mac(command)(option)return

セル内での自動改行の設定方法

セルのデフォルト設定だと自動開業がされずにひたすら一行に文章が書かれます。文章が短ければ良いですが長文だと非常に見づらくなってしまいます。セルの端で自動改行するにはどうすればよいでしょうか?下記手順を行い、セルの設定を変えることで表示の仕方を調整することができます。

手順1:自動改行させたいセルを選択する

自動改行させたいセルを選択します。この場合はセル編集モードにする必要はありません。

手順2:「ホーム」タブの「折り返して全体を表示する」を選択

ホームタブ内の「折り返して全体を表示する」を選択するとセルの右端で文章が自動改行されます。またこの設定を行うとセルからはみ出た文章は表示されなくなります。

手順3:セルの幅や高さを調整する

上記設定でセルからはみ出た文章は表示されなくなったので、適切なセルの幅や高さに調整します。

おすすめの解説動画

セルの改行について解説しているおすすめの動画をご紹介します。この記事で説明していることを動画で解説しているので、動画のほうが分かりやすい方はこちらを参照すると良いと思います。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

改行関連記事一覧

関連記事