command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】改行を検索する方法まとめ

【エクセル】改行を検索する方法まとめ

Excelではセル内で改行する際は「alt」キーを押しながら「ENTER」で改行できます。macであればoptionキーを押しながら「return」キーです。ではその改行を検索するにはどうすれば良いでしょうか??ここではExcelで改行を検索する方法について解説していきます。

また、セル内の何文字目に改行が設定されているかを返す手順について合わせて説明します。

改行を検索する方法

「検索と置換」を使って、改行を検索する方法です。結論から言うとctrlキーを押しながら、「j」を押下すると改行を表すことができ、検索ができます。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

手順1:「ホーム」タブの「検索と選択」を選択

「ホーム」タブのリボン右側にある「検索と選択」をクリックします。

手順2:「検索」を選択して「検索と置換」ウィンドウを表示

「検索」を選択し、「検索と置換」ウィンドウを表示します。ちなみにショートカットキーも用意されており、「ctrl+f」でも同じウィンドウを表示できます。

手順3;「検索する文字列」フォームをフォーカス

「検索と置換」ウィンドウ内の「検索する文字列」フォームをクリックしてフォーカスします。

手順4:「ctrl」キーを押しながら「j」を入力

改行を表すには「ctrl」キーを押しながら「j」で改行できます。ちなみにそのままENTERキーを押しても、改行されず検索実行されてしまいます。

手順5:「次を検索」を押下

「次を検索」を押下すると改行が含まれているセルに飛びます。もう一度「次を検索」を押下すると次に改行が含まれているセルに飛ぶことができます。「すべて検索」を押下すると改行が含まれているセルの一覧を表示することができます。

うまく検索できなくなった時の対処方法

上記方法はフォーム上で改行を行うので、文字が見切れてしまい、入力内容を正確に見れないので、余計な文字列が入っていたりするとうまく検索できないことがあります。そんな時は、フォーム上の何も表示されていなくても、deleteキーを多めに押下して全て消去してから、再検索する様にしましょう。

セル内の改行の位置を取得する方法

FIND関数とCHAR関数を使用して、セル内の改行の位置を数値で取得する方法です。返却される数値は検索文字列が左から何文字目なのかを返却する仕組みとなっています。全角文字でも正確に数値を返してくれます。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

手順1:空白セルを選択

関数を入力するセルための空白セルを選択します。

手順2:「=FIND(CHAR(10)」と入力

FIND関数の第1引数には検索したい文字列を設定するため、改行を表す「CHAR(10)」と入力します。ちなみにCHAR関数は文字コードから文字列を返却してくれる関数で、「10」が改行の文字コードとなります。

手順3:「,」で区切り、2つ目の引数に検索対象のセルを設定する

「,」で検索文字列の設定を区切り、2つ目の引数として検索対象のセルを設定します。

手順4:「)」で関数を閉じて、ENTERキーを押下する

ENTERキーを押下し、数式を決定します。

完成

改行がセル内の何文字目にあるかを返してくれる様になりました。

おすすめ解説動画

音声がなく、非常に短い動画ですが、改行を検索する方法をキーボードと画面を写して、ストレートに説明している動画です。ご参考にどうぞ。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

改行関連記事一覧

関連記事