command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】作業爆速!移動に関するショートカットキー

【エクセル】作業爆速!移動に関するショートカットキー

Excelでセルの移動を効率化するショートカットキーをご紹介します。

セル移動に関するショートカットキーを習得すれば、作業が効率化されるだけでなく作業のストレスも軽減されるので是非覚えておきましょう。ショートカットキーを駆使して高速で移動していると周りの人は、きっとあなたを尊敬の眼差しで見てくれるでしょう。

まずは動きを確認してみてください

当サイトはショートカットキーをプレビューを通して実際の動きを確認しながら練習することができます。まず下記のSTARTボタンを押下して、プレビュー画面下部のショートカットキーを入力してみてください。実際にどう動くのかがわかりやすいかと思います。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

移動に関するショートカットキー

移動に関するショートカットキーの内容を下記にまとめています。1セルごとの移動は矢印キーでも出来ますが、ホームポジションを維持できるTABやEnterを使った方が断然効率的に作業ができるので、普段、矢印キーやマウスを使っている方はこれを機にTABやEnterで移動するようにしましょう。

1セル移動

右に移動WindowsTab
macTab
左に移動WindowsshiftTab
mac(shift)Tab
下に移動WindowsEnter
macEnter
上に移動WindowsshiftEnter
mac(shift)Enter

1セル選択範囲を拡張

選択範囲を 一つ上に拡張する。Windowsshift
mac(shift)
選択範囲を 一つ右に拡張する。Windowsshift
mac(shift)
選択範囲を 一つ下に拡張する。Windowsshift
mac(shift)
選択範囲を 一つ左に拡張する。Windowsshift
mac(shift)

端まで移動

現在のデータ領域内の先頭行に移動するWindowsCtrl
mac(command)
現在のデータ領域内の左端列に移動するWindowsCtrl
mac(command)
現在のデータ領域内の末尾行に移動するWindowsCtrl
mac(command)
現在のデータ領域内の右端列に移動するWindowsCtrl
mac(command)

端まで選択

選択範囲を現在のデータ領域内の先頭行にまで拡張するWindowsCtrlshift
mac(command)(shift)
選択範囲を現在のデータ領域内の左端列にまで拡張するWindowsCtrlshift
mac(command)(shift)
選択範囲を現在のデータ領域内の末尾行にまで拡張するWindowsCtrlshift
mac(command)(shift)
選択範囲を現在のデータ領域内の右端列にまで拡張するWindowsCtrlshift
mac(command)(shift)

作業を爆速にするにはマウスや矢印キーをできるだけ使わない

必ずとは言いませんが、できるだけマウスや矢印キーを使わずに作業するよう癖をつけておくとホームポジションから手を離す機会が減り、結果的に作業が効率化されます。もちろんマウスを使った方が効率が良い場面もあるので臨機応変な対応も必要ですが、ホームポジションからマウスや矢印キーに持ち替える手間は思ったより時間がかかるし、ストレスにもなっているはずです。

快適に仕事ができる環境づくりの一つとして、是非ショートカットキーメインでの作業に切り替えましょう。当サイトで直観的にショートカットキーを覚えることができるので、定期的に練習してもらえると幸いです。

ショートカット関連記事一覧

関連記事