command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】行・列を挿入・削除するショートカットキー(Win・mac)

【エクセル】行・列を挿入・削除するショートカットキー(Win・mac)

Excelで作業する人は、空白行を追加したり、行を削除したりと行や列に関わる作業を多くします。空白行の挿入作業を例にすると、通常であれば行や列を右クリックして「挿入」を選択すればいいのですが、これらの作業はショートカットキーが用意されており、ショートカットを使えば一瞬で作業が完了します。

ここではExcelで行・列を挿入・削除するショートカットキーについて解説します。

下部にショートカットキーを練習できる機能もあるので、これを機にしっかり体に覚え込ませましょう。

行・列を挿入・削除するショートカットキー

行や列を選択した状態で空白行や空白列を追加することができるショートカットキーです。追加や削除に関しては行と列に関係なく同じショートカットキーで対応できるので覚えやすいと思います。

また下記で紹介しますが、行・列を選択するショートカットキーも用意されていますので合わせて覚えておきましょう。

【列または行を選択した状態で】空白の列・行を追加するWindowsCtrlshift「+」
mac(command)(shift)「+」
【列または行を選択した状態で】列・行を削除するWindowsCtrl「-」
mac(command)「-」

実際に入力して練習してみましょう

下記のSTARTボタンを押下すれば、プレビューを見ながら直観的にショートカットキーの練習ができます。ショートカットキーは暗記するよりも繰り返しその動作を繰り返して、体で覚えてしまうのが一番手っ取り早く習得するコツですので是非活用してみてください。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連するショートカットキーはこちら

一緒に覚えておくとさらに効率的な作業ができるショートカットキーです。いろいろ応用が効くのでこの二つは必ず合わせて覚えておきましょう。上記練習で繰り返しコマンドを打ち込み、体で覚えてしまうことをお勧めします。 

選択範囲を列全体に拡張する。WindowsCtrlspace
mac(control)space
選択範囲を行全体に拡張する。Windowsshiftspace
mac(shift)space

ショートカット関連記事一覧

関連記事