command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】折れ線グラフの作り方をわかりやすく解説

【エクセル】折れ線グラフの作り方をわかりやすく解説

資料を作成する際に必ずと言って良いほどよく見る折れ線グラフ。時系列での変化を可視化できる折れ線グラフはExcelでは簡単に作成することが可能です。ここでは折れ線グラフをExcelで作成する方法やその編集方法、さらに発展編として第2軸の設定方法などをご紹介していきます。

折れ線グラフを作り方

折れ線グラフの作成方法は非常に簡単です。下記3つの手順だけで作成できてしまいます。

手順1:データを用意して、選択する

手順2:挿入タブをクリック

手順3:折れ線グラフのグループ内の適切なグラフを選択

完成

折れ線グラフの編集

折れ線グラフの編集をするには「グラフのデザイン」タブが便利です。各項目の編集方法について説明します。

「グラフのデザイン」タブの表示方法

折れ線グラフをクリックすると「グラフのデザイン」タブが表示されます。ヴァージョンの古いExcelでは「デザイン」と表示されます。グラフからフォーカスを外すと表示されなくなります。

グラフの要素を追加・削除

グラフのデザインタブ内の「グラフ要素を追加」からグラフ要素の追加・削除・編集ができます。各要素について下記で説明します。それぞれの項目の「その他のオプション」を選択すると詳細な設定ができます。

横軸と縦軸のそれぞれの表示を切り替えられます。

軸ラベル

横軸と縦軸それぞれのラベル表示を切り替えられます。

グラフタイトル

グラフタイトルの有無や表示位置などを設定できます。

データラベル

折れ線グラフ上に詳細なデータラベルの表示有無や表示方法を設定できます。

データテーブル

データテーブルの表示有無を切り替えられます。

誤差範囲

誤差を表すマークの表示有無を切り替えられます。

目盛線

目盛線の有無や種類を切り替えられます。

凡例

凡例の表示有無や表示位置を切り替えられます。凡例とはデータの各系列名です。

降下線や高低線の表示を切り替えられます。

近似曲線

データの平均線などの表示有無を設定できます。

ローソク

2つの折れ線グラフがある場合はその差分をローソクの表示有無を設定できます。

クイックレイアウトから適切なテンプレート選択

クイックレイアウトから予め用意されているレイアウトテンプレートを選択できます。最初の時点でこちらから適切なレイアウトを選んでそこから微調整することをおすすめします。

色の変更

予め用意されたグラフデザインにおけるカラーパターンから好きなものを選べます。

データの選択

「データの選択」を選択すると別ウィンドウが表示され、それぞれのデータの表示・非表示、データの範囲などの設定ができます。

グラフの種類の変更

グラフの種類は最初に設定しますが後から変えたい場合はこちらから設定ができます。

発展編:第2軸の設定方法(複合グラフの作成方法)

第2軸の詳しい設定方法、複合グラフの作成方法については下記リンクに詳細を記載していますのでご参照ください。

【エクセル】2軸の複合グラフの作り方をわかりやすく解説

折れ線グラフとは?

そもそも折れ線グラフとは何なのでしょうか。 ずばり時間の経過に伴う、数量の変化を表すグラフが折れ線グラフです。よくある例としては1日の気温の変化や体温の変化、ビジネスの世界ではサイトのアクセス数を折れ線グラフで表したりします。一般的には横軸に年や月や日時などの時間を、縦軸にはデータ量を設定します。

おすすめの動画

折れ線グラフについて分かりやすく解説しているおすすめの動画をご紹介します。音が出せる環境の方は見てみるときっと理解しやすいかと思います。

ショートカットキーの練習できます

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

グラフ関連リンク

関連記事