command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】半角・全角を効率的に変換する方法をわかりやすく解説(JIS関数)

【エクセル】半角・全角を効率的に変換する方法をわかりやすく解説(JIS関数)

住所や電話番号などの数字が半角と全角とが入り混じっている場合、手動で一つ一つ直していくのはかなりの手間と時間がかかります。ExcelのJIS関数を使えば、簡単に半角から全角の英数字に統一することが可能です。

逆に全角を半角に変換したい場合は下記記事をご参照ください。
【エクセル】全角を半角に変換する方法をわかりやすく解説

半角から全角に変換する関数「JIS関数」

半角の英数カナ文字 (1 バイト) を、全角の英数カナ文字 (2 バイト) に変換する関数が「JIS関数」です。電話番号や住所録などの全角と半角が入り混じっている場合などに使えます。読み方としてはジス関数と呼びます。

「JIS関数」の構文

「JIS関数」の構文は下記の通り

  • 文字列:全角に変換する文字列、または全角に変換する文字列を含むセルの参照を指定します

半角を全角に変換する方法

実際にExcelを操作し、半角を全角に変換する方法について解説します。

手順1:空白セルを選択

関数を入力するための空白セルを用意します。

手順2:「=JIS(」と入力

「=JIS(」と入力します。入力途中でサジェストがでてきますなので、TABキーを押下すると自動入力されます

手順3:変換する文字列を設定する

全角に変換する文字列を設定します。直接入力しても良いですが、ここではセル参照として隣のセルを選択します。

手順4:「)」で関数を閉じ、ENTERキーを押下

「)」で関数を閉じ、ENTERキーを押下して、数式を確定させます。

手順5:オートフィルで他のセルに関数をコピーする

数式を入力したセルを選択し、セル右下のフィルハンドルをドラッグして数式をコピーします。

半角を全角に変換できました。

おすすめの解説動画

JIS関数とASC関数についてわかりやすく解説している動画です。丁寧に解説しているので非常に理解がしやすいです。実際の操作を見ないとイメージがしにくい場合は、こちらの動画を視聴することをおすすめします。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事