command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】2軸の複合グラフの作り方をわかりやすく解説

【エクセル】2軸の複合グラフの作り方をわかりやすく解説

Excelでは2つのグラフを合わせて表示することができます。ここではExcelで軸が2つある2軸のグラフを作成する方法について解説します。

グラフの作成の仕方の基本を知りたい方はこちらのページを参照してください。

2軸グラフを作る方法

ここでは2軸のグラフを作る手順をレクチャーしていきます。一例として「売上額と売れた商品数を店舗ごとに表すグラフ」の作成手順をレクチャーしていきたいと思います。 「売上額」と「売れた商品数」を2軸で表し、「売上額」を棒グラフ、「売れた商品数」を折れ線グラフで表すこととします。

手順1:グラフ化したいデータを選択

データを自動でグラフ化するためにグラフ化するデータを選択します。この際に気をつけてもらいたいことは下記画像のような合計値や平均値などはデータを読みづらくしてしまうので選択しないことです。「売上」や「売れた商品数」などの項目名は選択しておいても問題ありません。

手順2:挿入タブから折れ線グラフを選択

「挿入」タブ内にある折れ線グラフを選択して自動でグラフを生成します。

手順3:折れ線グラフのどちらかを右クリックで選択

どちらでも選択しやすい折れ線グラフ上で右クリックをします。 ちなみにこの時生成されたグラフの売れた商品数の箇所が下の方でほぼ1直線になってしまっています。この理由はグラフ左側の目盛りで2つのグラフを表そうとしているため、桁数が多い売上額に対して売れた表品数の桁数が少ないため、差分を表しにくくしているためです。

手順4:「系列グラフの種類の変更」を選択

右クリックで表示されたコンテキストメニューの中から「系列グラフの種類の変更」を選択します。

手順5:「売上」のグラフの種類を「集合縦棒」に設定

「系列グラフの種類の変更」の下部の「売上」のグラフの種類を「集合縦棒」に変更します。

手順6:「売れた商品数」の第2軸のチェックボックスにチェックを入れる

「売れた商品数」グラフの種類は変更の必要ないのでそのままにしての第2軸のチェックボックスにチェックをいれます。

手順7:「OK」を押下

手順8:2軸のグラフの完成

無事右側に第2軸が追加されました。「売れた商品数」の折れ線グラフも「売上額」と比較しやすくなりました。

2軸のグラフを作成方法が分かりやすいおすすめ動画

音が出せる環境であれば、解説動画をみて学ぶことをお勧めします。私が説明がわかりやすいと思った、おすすめの動画を紹介します。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはプレビュー画面を見ながら直観的にショートカットキーの練習ができる機能がついています。下記STARTボタンを押下して是非試してみてください。ショートカットキーは暗記するよりも繰り返し、指を動かして実行して体で覚えるのが一番の習得の近道です。当サイトであればゲーム感覚で練習しているうちに自然とショートカットキーを打てるようになってきます。 エクセルのショートカットキーも豊富ですので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

グラフ関連リンク

関連記事