command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • エクセルの関数一覧(リンク付き)

エクセルの関数一覧(リンク付き)

Excelの関数一覧です。関数名にリンクがついているものはその関数について詳細を記載しているページへのリンクとなります。

IF関数&IS関数

関数名説明
ANDANDを使用して複数の条件をテスト
ORORを使用して複数の条件をテスト
EXACT2つのテキスト文字列を比較する
IF特定の条件をテストする
IFS複数の条件をテストし、最初にtrueを返す
ISBLANKセルの内容が空かどうかを論理値で返す
ISERR#N / Aエラーを除いたエラーに対してTRUEを返す
ISERRORすべてのエラーにTRUEを返す
ISEVEN偶数を判別
ISLOGICAL論理値かどうかを判別
ISNAN/Aエラーを判別する
ISNONTEXT文字列以外を判別する
ISNUMBER数値を判別する
ISODD奇数を判別
ISREFセル参照の有無を判別
ISTEXT文字列を判別する
N値を数値に変換する
NA明示的に#N/Aエラーを表示する

Microsoft365の新関数

関数名説明
FILTER指定された基準のデータを返す
LET数式内で変数を定義して使用できる
SORT範囲または配列を並べ替えます
SORTBY範囲または配列を列で並べ替える
UNIQUE範囲から一意の値を抽出
XMATCHリストまたはテーブル内のアイテムの位置を取得
RANDARRAY 乱数の配列を取得する
SEQUENCE必要な番号のリストの配列を取得

Webに関する関数

関数名説明
ENCODEURL文字列をURLエンコード変換する
FILTERXMLXMLからデータを抜き出す
WEBSERVICEWEB上のデータを取得する

エンジニアリング関数

関数名説明
BIN2DEC2進数を10進数に変換
BITAND2つの数値のビットごとの「AND」を表す10進数を返す
BITLSHIFT指定されたビット数だけ数値をシフト
BITOR2つの数値のビットごとの「OR」を表す10進数を返す
BITRSHIFT指定されたビット数だけ数値をシフト
BITXOR2つの数値のビットごとの「XOR」を表す10進数を返す
CONVERT単位の数値を別の単位の数値に変換する
DEC2BIN10進数を2進数に変換
DELTA2つの数値が等しいかどうかをテスト
BIN2HEX2進数を16進数に変換
BIN2OCT2進数を8進数に変換
COMPLEX実部と虚部で複素数を作成
DEC2HEX10進数を16進数に変換
DEC2OCT10進数を8進数に変換
HEX2BIN16進数を2進数に変換
HEX2DEC16進数を10進数に変換
HEX2OCT16進数を8進数に変換
IMABS複素数の絶対値を取得する
IMAGINARY複素数の虚数係数を取得
IMPOWER与えられた力に複素数を上げる
IMPRODUCT複素数の積を取得
IMREAL複素数の実数係数を取得
IMSUB2つの複素数の差を取得
IMSUM複素数の合計を取得

カウントの関数

関数名説明
COUNT数を数える
COUNTA空白でないセルの数を数える
COUNTBLANK空白のセルを数える
COUNTIF基準に一致するセルを数える
COUNTIFS複数の基準に一致する細胞を数える
DCOUNTデータベース内の条件が一致する数値レコードをカウント
DCOUNTAデータ内の条件一致するレコードをカウント
FREQUENCYデータの区間の頻度を取得する

データベース関数

関数名説明
DAVERAGE一致するレコードから平均を取得
DGET条件一致する単一の値を取得する
DMAX条件一致データから最大値を取得
DMIN条件一致データから最小値を取得
DPRODUCT条件一致するレコードの積を返す
DSTDEV条件一致するレコードの標準偏差を取得
DSTDEVP一致するレコードの母集団の標準偏差を取得
DVAR一致するレコードのサンプル分散を取得
DVARP一致するレコードの母分散を取得

検索/行列の関数

“”
関数名説明
ADDRESS行と列の番号からセルアドレスを作成
CHOOSE位置に基づいてリストから値を取得
COLUMN・COLUMNS列の列番号を返す
FORMULATEXTFORMULATEXT関数は、引数に設定したセル参照の数式を文字列として返します。FORMULATEXT関数によって返されるテキストは、数式バーに表示されるものと同じです。 FORMULATEXTの引数は1つのみです。設定するのは例えば、A1のようなセル参照です。数式を含まないセルを指定すると#N / Aエラーが返されます。最大8192文字の数式を処理します。エクセル365以降のFORMULATEXT機能は、引数にセル範囲が設定すると、返却も複数セルで返されます。365以前のバージョンのExcelでは、範囲内の左上のセルのみの結果を返します。
GETPIVOTDATA数式のピボットテーブルからデータを取得する
HLOOKUP水平に配置されたテーブルで値を検索
HYPERLINKクリック可能なリンクを作成
INDEX範囲内の行、列を指定して値を取得
INDIRECTテキストから参照を作成する
LOOKUP1列の範囲で値を検索
MATCH範囲内の任意の値の位置を取得
OFFSET指定された開始点からの参照オフセットを作成
ROW・ROWS行の行番号を求める
TRANSPOSE範囲内の行と列を入れ替える
VLOOKUP最初の列を照合して、テーブル内の値を検索
XLOOKUP範囲内・配列内から検索し、対応した値を返す
AREAS参照内の領域の数を取得
MMULT行列の乗算を返す

合計・平均の関数

関数名説明
VAR範囲内の数値の不偏分散を求める
STDEVサンプルの標準偏差を取得
SLOPE線形回帰直線の傾きを取得
STDEVP母集団の標準偏差を取得
STDEV.P母集団の標準偏差を取得
INTERCEPT線形回帰直線の切片を取得
NORM.DIST正規分布の値と面積を取得
FORECAST.ETS季節的な傾向で値を予測する
FORECAST.ETS.CONFINT特定の日付での予測値の信頼区間を取得
FORECAST.ETS.SEASONALITY季節のパターンの長さを取得
FORECAST.ETS.STAT予測に関連する統計値を取得する
GEOMEAN幾何平均を計算する
HARMEAN調和平均を計算する
MAXA最大値を返す
NORM.INV正規累積分布の逆数を取得
NORM.S.INV標準正規累積分布の逆数を取得
STANDARDIZE正規化された値(zスコア)を計算
MINA最小値を返す
NORM.S.DIST標準の正規CDFとPDFを入手
SKEW分布の歪度を取得する
SKEW.P母集団に基づいて分布の歪度を取得
STDEV.Sサンプルの標準偏差を取得
STDEVAサンプルの標準偏差を取得
STDEVPA母集団の標準偏差を取得
VAR.P人口の変動を取得する
VAR.Sサンプルのバリエーションを取得する
VARAサンプルのバリエーションを取得する
VARP母集団のバリエーションを取得する
VARPA母集団のバリエーションを取得する
AVERAGE数値のグループの平均を取得
AVERAGEA数値、文字列、論理値含めての平均を取得
AVERAGEIF基準を満たす数の平均を取得
AVERAGEIFS複数の基準に一致する平均セル
DSUM一致するレコードから合計を取得
MEDIAN中央値を取得
MODE・MODE.SNGL最も頻繁に発生する番号を取得
MODE.MULT最も頻繁に発生する数値を取得
SUBTOTALリストまたはデータベースで小計を取得する
SUM数字を足し合わせる
SUMIF提供された基準を満たす範囲の合計数
SUMIFS複数の基準に一致するセルを合計する
SUMPRODUCT乗算してから配列を合計する
TRIMMEAN極端なデータを除いた平均を計算する
AVEDEV偏差の2乗の合計を取得
BINOM.DIST二項分布の確率を取得する
DEVSQ偏差の2乗の合計を取得
FORECAST.LINEAR回帰直線に沿って値を予測する

最大最小など

関数名説明
MAX最大の価値を得る
RANK数値の範囲に対して数値をランク付けする
MIN最小値を取得
SMALLn番目に小さい値を取得
LARGEn番目に大きい値を取得
RANK.EQ数値の範囲に対して数値をランク付けする
RANK.AVG数値の範囲に対して数値をランク付けする
MINIFS 基準で最小値を取得する

財務関数

関数名説明
PMTローンの定期的な支払いを取得
IRR内部収益率を計算する
NPV正味現在価値を計算する
FV投資の将来価値を得る
PV投資の現在価値を取得する
PPMT指定された期間に元金を受け取る
DB定率法により減価償却費を返す
RATE年金の期間ごとの金利を取得
XIRR不規則なキャッシュフローの内部収益率を計算する
NPERローンまたは投資の期間数を取得
ACCRINT定期的に未収利息を取得する
CUMIPMTローンで支払われる累積利息を取得
IPMT指定した期の返済額のうち、金利相当分を求める
ISPMT特定の期間に利息を支払う
PRICE額面100ドルあたりの価格を取得-定期的な利息
RRI成長のための同等の金利を取得
SLN定額法を使用して、資産の 1 期あたりの減価償却費を返す
XNPV不規則なキャッシュフローの正味現在価値を計算する
ACCRINTM満期時に未収利息を取得する
AMORDEGRC会計期間係数の減価償却
COUPDAYBSクーポン期間から決済日までの日数を取得
COUPDAYS決済日を含むクーポン期間の日数を取得
COUPDAYSNC決済日から次のクーポン日までの日数を取得
COUPNCD決済日後の次のクーポン日付を取得
COUPNUM支払われるクーポンの数を取得
COUPPCD決済日の前に前のクーポン日付を取得する
CUMPRINCローンで累積元本を支払う
DDB指定した期間における資産の減価償却費を返す
DISC証券の割引率を取得する
DURATION定期的な利息で年間デュレーションを取得する
EFFECT実効年利を取得する
FVSCHEDULE主要な複利の将来価値を取得する
MDURATION額面価格を $100 と仮定して、証券に対する修正マコーレーデュレーションを返す
MIRR修正された内部収益率を計算する
NOMINAL名目年利を取得する
ODDFPRICE$ 100奇数の最初の期間あたりの価格を取得
ODDFYIELD奇数の最初の期間で利回りのセキュリティを取得
ODDLPRICE奇数の最後の期間で額面$ 100あたりの価格を取得
ODDLYIELD奇数の最後の期間でセキュリティの利回りを取得
PDURATION与えられた値に到達するために必要な期間を取得
PRICEDISC100ドルの割引証券あたりの価格を取得
PRICEMAT満期時に100ドルの利息あたりの価格を取得
RECEIVED満期時に受け取った金額を取得する
SYD級数法を使用して、特定の期における減価償却費を返す
TBILLEQ財務省短期証券の債券相当利回りを取得する
TBILLPRICE100ドルの財務省短期証券あたりの価格を取得
TBILLYIELD財務省短期証券の利回りを取得する
VDB減価償却-二重減少変数
YIELD定期的な利息を支払うセキュリティの利回りを取得
YIELDDISC割引証券の年利を取得する
YIELDMAT満期時に担保権の年利を取得

三角関数・数学

関数名説明
RAND0から1までの乱数を取得
ABS数値の絶対値を取得
SQRT数値の正の平方根を返す
TAN角度の接線を取得
VALUEテキストを数値に変換する
SEC角度の割線を取得
RANDBETWEEN2つの値の間のランダムな整数を取得
LN数の自然対数を取得
PRODUCT提供された番号の積を取得
RADIANS角度をラジアンに変換
COT角度の余接を取得
EXP数値の累乗で累乗されたeの値を見つける
LOG数の対数を取得
POWER数値を累乗する
AGGREGATE 集計計算を返す
ACOS値の逆余弦をラジアンで取得
CSC角度の余割を取得
COSラジアンで提供される角度のコサインを取得
SIGN数字のサインを取得
SINラジアンで提供される角度の正弦を取得
COMBIN繰り返しなしで組み合わせの数を取得する
DEGREESラジアンを度に変換
LOG10数値の10を底とする対数を取得
PI()πの値を取得
ASIN値の逆正弦をラジアンで返す
ATAN数の逆三角関数を取得
ATAN2x座標とy座標からアークタンジェントを取得
ARABIC ローマ数字をアラビア数字に変換する
BASE 数値を別の底に変換する
COMBINA繰り返しのある組み合わせの数を取得する
FACT数の階乗を見つける
PERMUT繰り返しなしで順列の数を取得する
PERMUTATIONA繰り返しで順列の数を取得する
ROMAN数字をローマ数字に変換
COSH数の双曲線余弦を取得
SINH数の双曲線正弦を取得

四捨五入など

関数名説明
ROUND数値を指定された桁数に丸る
ROUNDUP数値を指定された桁数に切り上げる
ROUNDDOWN指定された桁数に切り捨てる
MOD除算から余りを取得する
INT切り捨てて数値の整数部分を取得
TRUNCT数値を指定桁で切り捨てる
FLOOR数値を最も近い指定された倍数に切り捨てる
CEILING数値を最も近い倍数に切り上げる
FIXED数値を固定小数点のテキストとしてフォーマット
MROUND数値を最も近い指定された倍数に丸める
QUOTIENT商の整数部分を余りなしで返す
CEILING.MATH数値を最も近い倍数に切り上げる
EVEN数値を次の偶数の整数に切り上げる
ODD数値を次の奇数の整数に切り上げる
CEILING.PRECISE 数値を最も近い倍数に切り上げる
FLOOR.MATH数値を最も近い倍数に切り捨てる
FLOOR.PRECISE数値を最も近い倍数に切り捨てる

時刻の関数

関数名説明
TIME時間、分、秒で時間を作成
HOUR時間から時間を数値(0〜23)として取得
TIMEVALUEテキスト文字列から有効な時間を取得
MINUTE時間から数値(0-59)として分を取得
SECOND時間から秒を数値(0-59)として取得

情報関数

関数名説明
CELLセルに関する情報を取得する
TYPEセル内の値のタイプを取得
SHEETシートインデックス番号を取得する
INFO現在の環境に関する情報を取得する
SHEETS参照のシート数を取得する
Tテキスト値のみをフィルタリングする
MDETERM指定された配列の行列式を取得
SUMSQ提供された値の2乗の合計を取得
ISFORMULAセルに数式が含まれているかどうかをテスト
DECIMAL英数字を10進数に変換
FACTDOUBLE数の二重階乗を取得
GCD2つ以上の数の最大公約数を取得
LCM最小公倍数または2つ以上の数値を取得する
MINVERSE配列の逆行列を取得
SUMX2MY22つの配列の二乗の差の合計
SUMX2PY22つの配列の平方和を取得
SUMXMY22つの配列の差の2乗の合計
ERROR.TYPEエラー値の種類を数値で返す

統計関数

関数名説明
PERCENTILEkパーセンタイルを取得
PERCENTILE.EXCkパーセンタイルを取得
PERCENTILE.INCkパーセンタイルを取得
PERCENTRANKパーセンタイルランクを取得する
PERCENTRANK.EXCパーセンタイルランクを取得、排他的
PERCENTRANK.INCパーセンタイルランクを取得する
QUARTILEデータセットの四分位数を取得
QUARTILE.EXCデータセットの四分位数を取得
QUARTILE.INCデータセットの四分位数を取得

動的配列

関数名説明
LAMBDAカスタム関数を作成する
SINGLE暗黙の共通部分で単一の値を取得する

日付の関数

関数名説明
YEAR日付から年を取得する
MONTH日付から月を数値(1〜12)として取得する
EOMONTH将来または過去のnか月の最終日を取得する
DAY日付から数値(1-31)として日を取得する
DATEDIF2つの日付の間の日、月、または年を取得
WEEKDAY曜日を数値で取得する
WORKDAY将来または過去の日付n営業日を取得する
DATE年、月、日で日付を作成する
EDATEシフト日nか月先または過去
TODAY現在の日付を取得する
DATEVALUEテキスト形式の日付を有効な日付に変換
NOW現在の日付と時刻を取得する
DAYS日付間の日数を取得
NETWORKDAYS2つの日付の間の稼働日数を取得
WEEKNUM特定の日付の週番号を取得
WORKDAY.INTL将来または過去の日付n営業日を取得
YEARFRAC2つの日付の間の1年の端数を取得
DAYS360360日の年の2つの日付の間の日を取得
NETWORKDAYS.INTL2つの日付の間の就業日を取得
NETWORKDAYS.INTL 2つの日付の間の就業日を取得
ISOWEEKNUM特定の日付のISO週番号を取得

文字列の操作

関数名説明
UNICODEUnicode文字から数値を取得する
UNICHARUnicode文字を数字で取得する
NUMBERVALUEカスタムセパレータを使用してテキストを数値に変換する
LOWERテキストを小文字に変換する
DOLLARFR価格を分数表記に変換する
MID対象文字列から一部テキストを抽出
REPLACE場所に基づいてテキストを置き換える
REPT指定されたとおりにテキストを繰り返す
SUBSTITUTEコンテンツに基づいてテキストを置き換える
PROPER各単語の最初の文字を大文字にする
TEXT数値を数値形式のテキストに変換する
RIGHT文字列の右側からテキストを抽出
TEXTJOIN テキスト値を区切り文字で結合する
TRIMテキストから余分なスペースを削除する
SEARCH文字列内のテキストの場所を取得
ASC全角文字を半角文字に変換
UPPERテキストを大文字に変換する
FIND文字列内のテキストの場所を取得する
CHAR数字から文字を取得する
CLEAN印刷できない文字をテキストから削除する
JIS文字列内の半角を全角に変換
CODEキャラクターのコードを取得する
CONCATENATEテキストを結合する
LEFT文字列の左側からテキストを抽出
CONCAT 区切り文字なしでテキスト値を結合する
LENテキストの長さを取得する
DOLLAR数値を通貨形式のテキストに変換する
LENB文字列のバイト数を返す
DOLLARDEドルの価格を小数から小数に変換する

論理関数

関数名説明
IFNA #N / Aエラーをトラップして処理する
IFERRORエラーをトラップして処理する
SWITCH 複数の値に一致し、最初の一致を返す
FALSE論理値FALSEを生成
NOT引数または結果を逆にする
TRUE()論理値TRUEを生成する
XOR排他的論理和を実行します

関連記事