command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】VALUE関数で文字列を数値に変換する方法と使い方

【エクセル】VALUE関数で文字列を数値に変換する方法と使い方

VALUE関数とは日付などの文字列を数値に変換する関数です。ここではVALUE関数の構文や使用例、使い道について解説します。

VALUE関数とは

VALUE関数とは文字列を数値に変換する関数です。日付形式の文字列をシリアル値に変換したり、パーセント形式を数値に変換したりできます。

VALUE関数の構文

VALUE関数の構文は下記です。

=VALUE(文字列
  • 文字列:文字列を半角のダブルクォーテーション (“) で囲んで指定するか、変換する文字列を含むセル参照を指定します。

VALUE関数の使用例

VALUE関数の使用例について一覧でまとめました。数値に変換できない文字列を指定すると「#VALUE」エラーになります。

使用例結果説明
=VALUE(“18:00”)0.75時間の形式で記載されている文字列を数値に変換します。
=VALUE(“50%”)0.5パーセンテージで表示されている文字列を数値に変換します。
=VALUE(“2,500”)2500通貨方式で表示されている文字列を数値に変換します。
=VALUE(“2021年4月18日”)44304日付形式で表示されている文字列を数値(シリアル値)に変換します。
=VALUE(“5.00E+04”)50000指数の形で表示されている文字列を、通常の数値に変換します。

おすすめの解説動画

VALUE関数は初心者には使い所がイメージしにくいと思いますが、具体的な活用どころを動画でわかりやすく解説している動画です。VLOOKUPとの組み合わせで解説しておりイメージしやすいと思うのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事