command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】UNIQUE関数の使い方(範囲から重複しない一意の値を抽出)

【エクセル】UNIQUE関数の使い方(範囲から重複しない一意の値を抽出)

Excelには範囲から重複してない一意の値を抽出するUNIQUE関数が用意されています。ここではUNIQUE関数の機能と使い方について解説します。

UNIQUE関数とは

ExcelのUNIQUE関数は、リストまたは範囲内の重複していない一意の値のリストを返します。
この関数の対応バージョンはExcel 365以降です

UNIQUE関数の構文

=UNIQUE(配列,列の比較,回数指定
  • 配列:検索対象のセル範囲、配列を指定します。
  • 列の比較:省略可能です。省略もしくはFALSEを指定した場合、行を比較します(縦方向のデータの中から一意の配列を返す)。TRUEを設定すると列を比較します(横方向のデータの中から一意の配列を返す)。
  • 回数指定:省略可能です。省略もしくはFALSEを指定した場合、全ての一意の値を返します。TRUEを設定した場合は1回だけ出現したアイテムの配列のみ返します。

UNIQUE関数の使用例

使用例1:基本的な使い方

基本的な使い方の例です。データから商品の種類のリストを返しています。

=UNIQUE(B3:B15)
結果 → {"色鉛筆";"下敷き";"消しゴム";"ふでばこ"}

使用例2:列の比較をする例

横方向に伸びたデータを比較する例です。第3引数の列の比較をTRUEに設定することで列の比較が可能です。

=UNIQUE(C2:O2,TRUE)
結果 → {"色鉛筆","下敷き","消しゴム","ふでばこ"}

使用例3:2項目の一意の配列を返す例

配列に2項目分のデータを指定すると、組み合わせとして一意であるデータの配列が返却されます。

=UNIQUE(B3:C15,,FALSE)
結果 → {"色鉛筆","赤";"下敷き","緑";"消しゴム","青";"ふでばこ","黄";"色鉛筆","黄";"ふでばこ","緑";"下敷き","赤";"色鉛筆","緑";"ふでばこ","赤"}

使用例4:1回だけ組み合わせられたセットのみの配列を返す例

3つ目の引数である回数指定をTRUEにしている例です。1回だけ組み合わされたアイテムの配列のみ返しています。例えば、色鉛筆、黄の組み合わせは2回でてきているので、今回の返却される配列には入らず、色鉛筆、赤の組み合わせは1回しか出てきていないので、配列に入っています。これは1項目のみの配列でも指定可能です。

=UNIQUE(B3:C15,,TRUE)
結果 → {"色鉛筆","赤";"ふでばこ","黄";"ふでばこ","緑";"下敷き","赤";"色鉛筆","緑";"ふでばこ","赤"}

UNIQUE関数の要点

  • UNIQUE関数はExcel 365から追加された関数です。

おすすめの解説動画

専門的な知見からUNIQUE関数について詳細に解説しているおすすめ動画です。かなり深く学べます。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事