command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】TYPE関数の使い方(セル内の値のタイプを取得)

【エクセル】TYPE関数の使い方(セル内の値のタイプを取得)

Excelにはセル内の値のタイプを取得するTYPE関数が用意されています。ここではTYPE関数の機能と使い方について解説します。

TYPE関数とは

ExcelのTYPE関数は、数値= 1、テキスト= 2、論理= 4、エラー= 16、配列= 64の5つのカテゴリでデータ型を表す数値コードを返します。数式の操作がデータ型に依存する場合などに使用したりします。
この関数の対応バージョンはExcel 2003以降です

TYPE関数の構文

=TYPE(
  • :データ型を調べたい値、またはセルを指定します。

TYPE関数の説明

データ型によって、下記のような数値が返却されます。

データ型返却値
数値1
文字列2
論理値4
エラー値16
配列64

TYPE関数の使用例

使用例1:基本的な使い方

引数にセルを指定し、対象セルのデータ型を調べています。1が返却されているので数値データであることがわかります。

=TYPE(B3)
結果 → 1

使用例2:配列を判断される値の例

引数にセル範囲を指定すると配列と判断され64を返却します。他には「=TYPE({“A”,”B”,”C”})」のように配列データをハードコーディングしても64が返却されます。

=TYPE(B3:B6)
結果 → 64

TYPE関数の要点

  • 日付や時刻データは内部的には数値なのでTYPE関数は「1」を返します。
  • {“A”,”B”,”C”}のような配列データやセル範囲を指定するとTYPE関数は配列とみなし64を返します。
  • 空白セルは1を返します。Excelが内部的には空白セルは「0」と認識しているからです。

おすすめの解説動画

TYPE関数について解説している動画です。丁寧に解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事