command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】TRUNC関数の使い方(数値を指定桁で切り捨てる)

【エクセル】TRUNC関数の使い方(数値を指定桁で切り捨てる)

Excelには数値を指定桁で切り捨てるTRUNC関数が用意されています。ここではTRUNC関数の機能と使い方について解説します。

TRUNC関数とは

ExcelのTRUNC関数は、桁数に基づいて切り捨てられた数値を返します。たとえば、TRUNC(123.456)は123を返し、TRUNC(-123.456)は-123を返します。TRUNC関数は四捨五入を行わず、指定されたとおりに切り捨てるだけです。
この関数の対応バージョンはExcel 2003以降です

TRUNC関数の構文

=TRUNC(数値,桁数
  • 数値:切り捨て対象の数値を指定します。必須項目です。
  • 桁数:省略可能の項目です。切り捨てをする桁数を指定します。デフォルト値は0になります。

TRUNC関数とINT関数の違い

TRUNC関数とINT関数はよく似ています。ただし、TRUNC関数はただ数値を切り捨てるだけですが、INT関数は数値を整数に切り捨てます。そのため負の数の場合に結果が異なる場合があり、TRUNC(-123.456)は-123を返しますが、INT(-123.456)は-124を返します。また数値の整数部分を切り捨てる際はINT関数ではその機能がないため、TRUNC関数を使用します。

TRUNC関数の使用例

使用例1:基本的な使い方

第2引数の桁数を省略した形使用している例です。第2引数を省略するとデフォルト値である0が指定されるので、小数部分が切り捨てられます。

=TRUNC(123.456)
結果 → 123

使用例2:負の値の小数部を切り捨て

負の数に対して切り捨てを行っています。TRUNC関数は単純に切り捨てるだけなので-123を返します。INT関数で同じように指定すると-124と返却されます。

=TRUNC(-123.456,0)
結果 → -123

使用例3:整数部分を切り捨て

=TRUNC(123.456,-1)
結果 → 120

TRUNC関数の要点

  • TRUNC関数の桁数は省略できます。省略すると0が指定され、小数部が切り捨てられます。
  • TRUNC関数はINT関数と似ていますが、負の数を指定した場合の結果と整数部分の切り捨てが可能かどうかの違いがあります。

おすすめの解説動画

TRUNC関数について解説している動画です。ROUNDDOWN関数との違いについて解説しています。丁寧に解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事