command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】データの順位を求めるRANK関数の使い方をわかりやすく解説

【エクセル】データの順位を求めるRANK関数の使い方をわかりやすく解説

Excelでデータ内の順位を求めるにはRANK関数が便利です。ここではデータの順位を求めるRANK関数の使い方について解説していきます。

RANK関数とは

RANK関数とはデータの中で指定した数値の順位を求めることができる関数です。

RANK関数の構文

=RANK(数値,参照,[順序]
  • 数値:順位を調べたい数値を指定
  • 参照:調べたい数値を含むセル範囲の参照もしくは配列を指定。
  • [順序]:省略可能。範囲内の数値の並べ替え方法を指定。「0」はデフォルトの値で、降順で並べ替えを行います。「0 以外」を指定すると昇順で並べ替えを行います。

RANK関数の活用例

RANK関数の活用例の解説です。下記のように点数が記載されているデータの順位をRANK関数で出力します。

1:一番上の空白セルを選択しRANK関数を入力

「=RANK(」と入力します。入力途中でサジェストが表示されるのでRANK関数を選択してTABキーを押下すると自動入力されます。

2:1つ目の引数に同じ行の点数をセル参照

順位を調べたい数値の設定です。同じ行の点数のセルをクリックし、セル参照します。

3:2つ目に引数に点数の列をセル範囲参照し、絶対参照に変更する

調べたいセル範囲の設定するため、点数の列をセル範囲として参照します。また数式をコピーした際にずれないように絶対参照に変更します。

4:数式を他のセルにコピーする

オートフィルなどで数式をコピーします。

順位が表示されました。

おすすめの解説動画

RANK関数について丁寧に解説している動画です。分かりやすく解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事