command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】LET関数の使い方(数式内で変数を定義して使用できる)

【エクセル】LET関数の使い方(数式内で変数を定義して使用できる)

Excelには数式内で変数を定義して使用できるLET関数が用意されています。ここではLET関数の機能と使い方について解説します。

LET関数とは

LET関数は数式内で変数を宣言して値を割り当てることができるため、複雑な数式を簡単に記述できます。変数の値は静的な値または計算に基づいた値を割り当てることができます。変数の定義は複数定義することが可能で最大126個作成することが可能です。
この関数の対応バージョンはExcel 365以降です

LET関数の構文

=LET(変数名1,値1,変数名2,値2…,計算式
  • 変数名1:変数名を指定します。1つ目の変数名は必須項目です。
  • 値1:変数名1に対する値を指定します。値には単純な値から複雑な数式まで指定することが可能です。1つ目の値は必須項目です。
  • 変数名2:2つ目以降は省略可能です。2つ目の変数名を指定します。
  • 値2:変数名2に対する値を指定します。2つ目以降は省略可能です。変数は最大126個指定可能です。
  • 計算式:設定した変数を使って計算式を作成します。

LET関数の利点

LET機能には、次の3つの主な利点があります。

  1. 読みやすくなる:数式で使用される変数に名前を付けると、複雑な数式を読みやすく、理解しやすくなります。
  2. メンテナンスしやすい:1つの場所で変数として数式を定義することで、変更が生じた場合のメンテナンスがしやすく、冗長性とエラーを抑止できます。
  3. パフォーマンス向上:冗長なコードを排除することは、コストのかかる計算の数を減らせるため、全体的な計算時間が短縮されることを意味します。

LET関数の使用例

使用例1:基本的な使い方

シンプルな例です。「X」という変数を定義し、値を「2」に設定し、計算式でXに1を足しています。結果は3が返ってきます。

=LET(X,2,X+1)
結果 → 2

使用例2:2つの変数を指定する例

変数を2つ定義する例です。「X」を「1」、「Y」を「2」と定義し、X+Yを計算しています。結果は3が返却されます。

=LET(X,1,Y,2,X+Y)
結果 → 3

使用例3:平均値を求める数式を変数化して計算

LET関数の変数定義が活きてくるのは、同じ計算が数式内で何度も出てくるときです。この例の場合は3つの値の平均を求める式を変数として宣言し、繰り返し使っています。このような使い方をすることで数式がスッキリと見え、処理が速くなります。

=LET(ave,(B3+C3+D3)/3,IFS(ave>=7,"A",ave>=4,"B",ave<4,"C"))
結果 → B

LET関数の要点

  • LET関数は、Excel365でのみ使用できます。
  • 変数は必要な数だけ指定することが可能で、最大126個指定できます。
  • LET関数は同じ計算が複数出てくる数式で使うと効果的です。
  • LET関数をうまく使用することで処理速度が短縮されます。

おすすめの解説動画

LET関数について丁寧に解説している動画です。非常にわかりやすく解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事