command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】FIND関数で文字列を検索する方法わかりやすく解説

【エクセル】FIND関数で文字列を検索する方法わかりやすく解説

文字列内に検索文字列が何文字目にあるかを返すFIND関数について解説します。

単純にFIND関数で特定文字列が何文字目にあるかを出力する方法と、応用編としてLEFT関数とFIND関数を組み合わせて名字のみを取り出す方法について解説します。

FIND関数とは

対象文字列内で検索文字列が最初に現れる位置を検索し、その数値を返します。大文字と小文字は区別されます。

FIND関数の構文

FIND関数の構文は下記です。3つ目の引数の「開始位置」は省略できます。

=FIND(検索文字列,対象,【開始位置】
  • 検索文字列:検索する文字列を指定。空文字列 (“”) を指定した場合、対象の先頭文字と一致したものと見なされます。ワイルドカード(*)は使用できません。
  • 対象:検索文字列を含む文字列を指定します。
  • 開始位置:省略可能。検索を開始する位置を指定。対象文字列の先頭から検索を開始するときは1を指定します。開始位置を省略すると、1を指定したと見なされます。

基本編:文字列の開始位置を検索する方法

FIND関数を使って、特定文字列が何文字目にあるかを出力する方法について解説します。下記の例では「COMMAND LAB」の中の「LAB」が何文字目にあるかを出力します。

手順1:空白セルを選択

FIND関数を入力するための空白セルを選択します。

手順2:「=FIND(」と入力

「=FIND(」と入力します。入力途中にサジェストが表示されるので、目的に関数の上でTABキーを押下すると自動入力されます。

手順3:”LAB”と入力

検索したい文字列、つまり「何文字目にあるのか知りたい文字列」を設定します。この例でいうと「LAB」となります。

手順4:「,」で区切り、検索対象の文字列を指定

「,」で区切り、検索対象の文字列を指定します。この例では「COMMAND LAB」と入力されたセルを選択し、セル参照しています。

手順5:「)」で関数を閉じて、ENTERキーを押下

開始位置を表示できました。

応用編:LEFT関数とFIND関数を組み合わせて名字のみを取り出す方法

氏名データから名字のみを取り出す方法について解説します。この例ではLEFT関数とFIND関数を組み合わせますが、RIGHT関数やMID関数などでも組み合わせてによっていろいろな応用ができます。

手順1:空白セルを選択

数式を入力するための空白セルを選択します。

手順2:「=LEFT(」と入力

「=LEFT(」と入力。入力途中にサジェストが表示されるので、目的に関数の上でTABキーを押下すると自動入力されます。補足情報としてLEFT関数の構文を下記に載せておきます。

LEFT関数の構文

=SEARCH(文字列,文字数
  • 文字列:取り出す文字を含む文字列を指定
  • 文字数:取り出す文字数を指定します。省略すると、1が指定される

手順3:対象文字列を指定

取り出したい文字列を含む文字列を指定します。この例では氏名の入ったセルをセル参照として指定します。

手順4:「,」で区切り、「FIND(」と入力

中央値を出すための集計対象となるセル範囲を指定します。セル範囲が複数ある場合は「,」で区切って複数指定します。

手順5:「” “,」を入力

半角スペースが何文字目かを出力させるため、「” “,」を入力します。

手順6:FIND関数で検索したい文字列を設定

FIND関数で検索したい文字列(何文字目にあるのか知りたい文字列)を設定します。この例で言うと氏名入ったセルをセル参照します。

手順7:「)」でFIND関数を閉じ「ー1」を入力

「)」でFIND関数を閉じ「ー1」を入力します。FIND関数で氏名の半角スペースの文字位置を取得し「-1」とすることで、半角スペースより前の文字数を取得できます。LEFT関数の引数に名字箇所の文字数が渡されるので、名字だけを切り取れます。

手順8:「)」でLEFT関数を閉じ、ENTERキーを押下

「)」でLEFT関数を閉じ、ENTERキーを押下します。

手順9:セルを再選択し、オートフィルで他のセルに数式をコピー

上記で数式を入力したセルを再選択し、右下のフィルハンドルをドラッグし、数式をコピーします。

完成:名字だけ取り出せました

おすすめの解説動画

FIND関数についての動画

FIND関数についてわかりやすく説明している動画です。応用編について非常にわかりやすく説明しているのでおすすめです。

LEFT関数、RIGHT関数、MID関数について

応用編で使っているLEFT関数、RIGHT関数、MID関数についての説明動画です。FIND関数やSEARCH関数と組みあせて使う場面が多いので覚えておくことをおすすめします。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事