command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】FILTER関数の使い方(指定された基準のデータを返す)

【エクセル】FILTER関数の使い方(指定された基準のデータを返す)

Excelには指定された基準のデータを返すFILTER関数が用意されています。ここではFILTER関数の機能と使い方について解説します。

FILTER関数とは

ExcelのFILTER関数は、指定された基準に基づいてデータの範囲をフィルタリングし、一致するレコードを抽出します。この関数の対応バージョンはExcel 365以降です

FILTER関数の構文

=FILTER(配列,条件,空の場合の値
  • 配列:フィルタリングするセル範囲または配列を指定します。
  • 条件:フィルタリングする条件を指定します。指定の仕方は「セル範囲 >= 数値」や「セル範囲 = 文字列」のように指定するのが一般的な指定方法となります。
  • 空の場合の値:指定した条件に合致するレコードが見つからない場合に返す値を設定します。

FILTER関数の使用例

使用例1:性別が男であるデータを抽出

性別の列の値が男であるデータを抽出する場合の例です。返される値はSPILLとして複数セルで表示されます。

=FILTER(B5:D10,D5:D10=G2,"")
結果 → {"佐藤",30,"男";"田中",40,"男";"渡邉",36,"男"}

使用例2:指定した年齢以上のデータを抽出

この例では35歳以上のデータを抽出しており、「セル範囲 >= 数値」の形で条件を指定しています。

=FILTER(B5:D10,C5:C10>=F2,"")
結果 → {鈴木,35,女;田中,40,男;渡邉,36,男;伊藤,50,女;}

使用例3:部分一致するデータを抽出

データの一部分のみ合致するデータを抽出したい場合はISNUMBER関数とSEARCH関数を組み合わせて使うことで目的を達成できます。

=FILTER(B5:D10,ISNUMBER(SEARCH(G2,B5:B10)),"該当なし")
結果 → {"佐藤 浩",30,"男"}

使用例4:日付データで条件付けする場合

日付データは内部的にシリアル値という数値データなので、この例ではMONTH関数で月の数値に変換して、条件式を作っています。年の場合はYEAR関数、日にちの場合はday関数を使用します。

=FILTER(B3:C9,MONTH(B3:B9)=F2,"該当なし")
結果 → {2021/8/27,1589789;2021/8/28,3763829;2021/8/29,3629108;2021/8/30,2854171;2021/8/31,2421244}

使用例5:複数条件を指定する例

複数条件を指定する場合は第2引数の条件を「(条件1l)*(条件2)」の形式で指定します。

=FILTER(B3:D8,(C3:C8>=F2)*(D3:D8=G4),"")
結果 → {田中,40,男;渡邉,36,男}

FILTER関数の要点

  • FILTER関数は、垂直配列と水平配列の両方で機能します。
  • 第1引数の範囲の長さと第2引数の条件で使用する範囲の長さを合せる必要があります。長さが異なる場合は#VALUE!エラーを出します。
  • FILTER関数はExcel365から使用可能です。

おすすめの解説動画

FILTER関数を実務で使うための方法を詳細に解説している動画です。かなり専門的な解説をされているのでおすすめの動画となります。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事