command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】EXACT関数の使い方をわかりやすく解説

【エクセル】EXACT関数の使い方をわかりやすく解説

ExcelのEXACT関数は、2つの値を比較し、同じ場合はTRUEを返し、そうでない場合はFALSEを返します。EXACTではアルファベットの大文字と小文字が区別されます。

EXACT関数とは

EXACT関数は、大文字と小文字を区別して2つのテキスト文字列を比較します。2つの文字列がまったく同じである場合、EXACTはTRUEを返します。2つの文字列が同じでない場合はFALSEを返します。

注意点
書式が違っていても値が同じであればTRUEを返します。例えば「2020年6月20日」というデータと「2020/6/20(日)」という日付データをEXACT関数にかけるとTRUEを返します。日付データは内部的にはシリアル値という数値データなので、それがあっているのでTRUEを返すということになります。

EXACT関数の構文

=EXACT(文字列1,文字列2
  • 文字列1:比較したい1つめ文字列を指定します。
  • 文字列2:比較したい2つめ文字列を指定します。

使用例

EXACT関数の2つの例です。最初の例では、文字列は同一です。2番目の例では、最初のアルファベットが大文字となっているかどうかが違います。

    = EXACT("music" 、"music" ) // TRUEを返します
    = EXACT("Music" 、"music" ) // FALSEを返します

Excelでは数式で下記のように使用することができますが、大文字と小文字は区別されません。

=( "music" = "Music" ) // TRUEを返します

先頭の「m」が全角のものと半角のもので比べていますがFALSEを返します。

=( "music" = "music" ) // FALSEを返します

また下記のように見た目の表示形式が違う2つのセルをセル参照で比べても内部的な数値が同一であればTRUEを返します。

     =EXACT(A1,B1)
    //A1=2021/6/19
    //B1=2021年6月19日

おすすめの解説動画

EXACT関数について丁寧に解説している動画です。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事