command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】DATEDIF関数の使い方(2つの日付の期間を求める)

【エクセル】DATEDIF関数の使い方(2つの日付の期間を求める)

ExcelのDATEDIF関数とは2つの日付の間の「年、月、日」を求める関数です。ここではDATEDIF関数について解説します。

DATEDIF関数とは

DATEDIF関数とは2つの日付の間の「年、月、日」を求める関数です。2つの日付データと単位のオプションを設定して間の期間を求めます。DATEDIF関数はサジェストやExcel内の関数検索に出てきませんので直接入力する必要があります。

DATEDIF関数の構文

=DATEDIF(開始日付,終了日付,単位オプション
  • 開始日付:開始の日付を設定します。日付データのセルを参照します
  • 終了日付:終了の日付を設定します。日付データのセルを参照します
  • 単位オプション:単位を設定します。「”」で囲ったアルファベットで設定する必要があります。設定オプション一覧は下記参照

単位オプション一覧

3つ目の引数に設定するオプション一覧です。必ず「”」で囲う必要があります。

単位説明
“Y”年の差分を返します(1年に満たない日数はカウントしない)
“M”月の差分を返します(ひと月に満たない日数はカウントしない)
“D”日の差分を返します
“MD”月と年を無視した日数の差分を返します
“YM”年を無視した月の差分を返します。
“YD”年を無視した日数の違いを返します。

DATEDIF関数の使用例:誕生日から年齢を求める

1:開始日付に誕生日を設定

開始日付に誕生日を入力したセル参照を設定します。セルをクリックすると自動でセル参照文字が入力されます。

2:終了日付に「TODAY()」を設定

2つ目の引数の終了日付はTODAY()関数で現在の日付を取得します。

3:単位オプションを”Y”に設定

年数を求めたいので、単位オプションを”Y”に設定します。

現在の年齢が表示されました。

DATEDIF関数の要点

  • DATEDIF関数はEXCEL内のサジェストや関数検索では出てこないので手入力する必要がある
  • 終了日付が開始日付より前の場合はDATEDIF関数は「#NUM!」エラーを返します。対処方法としてはIFERROR関数を使用してエラーを通知するか、MINとMAXを使用して日付を並べ替えるなどがあります。
  • 単位オプションに「MD」値を使用しないことをお勧めします。なぜなら、負の数、ゼロ、または不正確な結果になる可能性があるためです。

おすすめの解説動画

DATEDIF関数について詳しく解説している動画です。DATEDIF関数がなぜサジェストや関数検索にでてこないかなどの解説もしています。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事