command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】CONCAT関数の使い方(セル範囲で文字列を結合できる)

【エクセル】CONCAT関数の使い方(セル範囲で文字列を結合できる)

Excelにはセル範囲で文字列を結合できるCONCAT関数が用意されています。ここではCONCAT関数の機能と使い方について解説します。

CONCAT 関数とは

ExcelのCONCAT関数は、引数に指定した値を結合し、文字列で返します。似たような関数でCONCATENATE関数がありますが、異なる点としてはCONCATENATE関数が引数にセル範囲を指定できないのに対して、CONCAT関数は、個々のセル参照に加えて、セル範囲としての参照を受け入れます。

CONCAT 関数の構文

=CONCAT (文字列1,文字列2,文字列3
  • 文字列1:結合する最初の文字列を指定します。値はセル参照もしくは””で囲んだ文字列を直接指定することができます。セル範囲や配列を指定した場合はそれらを結合します。
  • 文字列2:省略可能です。結合する2番めの文字列を指定します。
  • 文字列3:省略可能です。結合する3つ目の文字列を指定します。最大253個の引数を指定することができます

CONCAT 関数の使用例

使用例1:基本的な使い方

引数にセル範囲を設定し結合する例です。CONCATENATE関数ではセル範囲の設定ができず、後継関数であるCONCAT関数からセル範囲を指定できるようになりました。

=CONCAT(B3:D3)
結果 → Excelの練習

使用例2:セル参照と直接入力の混合

引数にセル参照と直接指定が入り混じっている例です。直接ハードコーディングする場合は文字列を「””」で囲む必要があります。

=CONCAT(B4,"と",C4,"と",D4)
結果 → りんごとバナナとみかん

使用例3:日付データをつなげる場合

日付データは内部的にはシリアル値と呼ばれる数値データになるので、日付データを結合したい場合はTEXT関数で日付形式に変更する必要があります。

=CONCAT(B5,TEXT(C5,"yyyy年mm月dd日"),D5)
結果 → 退職日は2021年08月30日だった。

CONCAT 関数の要点

  • CONCAT関数は、個々のセル参照に加えてセル範囲を引数に設定できます。
  • 関数を使わずに手動で連結するには、連結演算子「&」を使用します。
  • CONCAT関数に設定した数値は、連携後、文字列形式に変換されます。
  • 結果が32767文字を超える場合、CONCATは#VALUEを返します。
  • CONCAT関数は、空のセルを自動的に無視します。
  • CONCAT関数は引数を合計253個まで受け入れます。

おすすめの解説動画

「CONCAT関数」「TEXTJOIN関数」のしくみと使い方について解説している動画です。非常に丁寧にわかりやすく解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事