command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】数式(計算式)の入力方法まとめ|関数の入力方法も

【エクセル】数式(計算式)の入力方法まとめ|関数の入力方法も

Excelは単純な計算から複雑な計算、さらには関数などを使ってビジネスにおける様々なワークを効率化することができるツールです。
計算を使ったり、関数を使ってなにかをする際は「数式」を入力します。ここではその数式の入力方法について解説していきます。

数式の入力方法(基本ルール)

数式に関するExcelの基本ルールについて解説します。

「=」をセルの1文字目に入力すると数式になる

Excelはセル内の1文字目に「=」を入力するとそのセルは数式であると判断します。「=1+1」と入力し、ENTERキーを押下すると、セルの表示上では「2」と表示されます。

数式の内容を確認したい時はセルを選択し「数式バー」を参照か、ダブルクリックか「F2」キーを押下しセル編集モードにする

セルに「=1+1」と入力し、ENTERキーで確定させると「2」と結果だけ表示され数式は見えなくなります。再度数式の内容を確認したい場合はセルを選択し、上部の数式バーを参照するか、セルをダブルクリックするか「F2」キーを押下し、セルの編集モードに切り替える必要があります。

便利なセル参照の機能

Excelには数式内で別のセルの値を参照する機能があり「セル参照」と呼びます。下記のように入力用のセルと計算するセルを別にすることができます。下記で2つの数値を足し算する数式を例に解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:数式を入力するセルを選択

2つのセルを参照し、足し算を行う数式を入力するセルを選択します。ここに数値の結果が表示されます。

手順2:「=」を入力

数式として入力するために「=」を入力します。

手順3:1つ目の数値セルを押下し、セル参照させる

1つ目の数値のセルをクリックします。クリックすると自動でセル参照用の文字列が入力されます。

手順4:「+」と入力

足し算を行うため「+」と入力します。

手順5:2つ目の数値セルを押下し、セル参照させる

2つ目の数値のセルをクリックします。クリックすると自動でセル参照用の文字列が入力されます。

手順6:ENTERキーを押下し、2つのセルを参照し、足し算する数式ができました。

数式に使用できる演算子について

数式内で使える演算子について解説します。掛け算は「✕」ではなく「*」だったり、割り算は「÷」ではなく「/」だったりと一般的に馴染みのある記号ではないので注意が必要です。

演算子説明使用例
+(プラス)足し算用の演算子です。=1+1
-(マイナス)引き算用の演算子です。=2-1
*(アスタリスク)掛け算用の演算子です。=3*3
/(スラッシュ)割り算用の演算子です。(分子/分母)の順で入力します。 =1/2
^(キャロット)べき乗用の演算子です。=2^3
&(アンパサンド)文字列を結合する際に使用する演算子です。=”COMMAND LAB”&”で練習”

関数の入力方法について

関数を入力方法について解説します。関数も数式の一種なので「=」から入力が始まります。下記ではSUM関数の入力を例にして、関数の入力方法について解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

手順1:空白セルを選択する

関数を入力するための空白セルと選択します。

手順2:「=SUM(」と入力する

「=SUM(」と入力するします。入力途中にサジェストが表示されるのでSUM関数の上でTABキーを押下すると自動で入力がされるので便利です。

手順3:合計したい数値範囲を指定する

合計したい数値の範囲を指定します。複数範囲を指定したい場合は、「,」で区切って2つ目の以降の引数でセル範囲を指定します。

手順4:「)」で関数を閉じる

手順5:ENTERキーを押下する

無事SUM関数の入力が完了し、合計値が割り出せました。

おすすめの解説動画

Excelにおける計算式の基本について網羅的に解説している動画です。Excel初心者はまずこれを見るべきでしょう。おすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事