command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】フィルターのショートカットキーまとめ(win・mac)

【エクセル】フィルターのショートカットキーまとめ(win・mac)

Excelにおけるフィルター(オートフィルター)とは表やデータから一定条件でデータを抽出できる機能です。大量のデータから必要な情報だけを参照する時に非常に便利です。

本来であればフィルターを設定する際はデータタブ内の「フィルター」を押下して適用するのですが、ショートカットキーを覚えて瞬時に設定できるようになっておくと爆速で作業ができますので、これを機に確実に覚えておきましょう。

フィルターのショートカットキー

フィルターを適用したり解除したりするショートカットキーです。フィルターを適用したい項目名部分を選択してからこのショートカットキーを実行する必要があります。

同じショートカットキーで、適用と解除を切り替えることができます。

フィルターを適用WindowsCtrlshiftL
mac(command)(shift)F
フィルターを解除WindowsCtrlshiftL
mac(command)(shift)F

フィルターオプションの表示

フィルターをかけるためのオプションを表示させるショートカットキーです。キーボード操作メインで作業を進めている際はこのショートカットキーを覚えておくとマウスに持ちかえる必要がないので、作業がかなり効率化されます。

またキーボード操作だけで作業ができるようになると作業のストレスがかなり軽減されるのでおすすめです。

フィルターオプションを開くWindowsalt
mac

直感的にショートカットの練習ができます

当サイトは実際の動きをプレビューで確認しながら、ショートカットキーの練習ができる機能がついています。ショートカットキーは暗記するのではなく、繰り返し練習して体に覚え込ませることが一番効率良い習得の仕方なので、是非当サイトで継続的にショートカットキーの練習をし、ショートカットキーをマスターしてみてください。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

ショートカット関連記事一覧

関連記事