command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】エラーの意味と原因まとめ

【エクセル】エラーの意味と原因まとめ

Excelでは数式からエラー値が返ってくることがあります。その原因は様々で、エラーにもたくさん種類があります。エラーの意味と原因を理解していると、その対処もスムーズに行なえます。ここではExcelのエラーの意味と原因についてまとめます。

Excelのエラー値

Excelにおけるエラー値の意味と原因について下記にまとめます。

エラー値意味原因
#DIV/0 0を除算しています0または空白のセルを除算すると返されるエラーです。
#N/A利用可能な値はありません正確には、これはエラー値ではなく、必要な値がないことを示す値となります。よくVLOOKUP関数で値が見つからない場合に表示されます。グラフでは非表示となるため、あえて#N/Aを表示させるテクニックもあります。
#NAME?Excelが定義しているもの以外が入力されているExcelが定めるルール外の入力がされた場合のエラーです。よくあるのが、範囲名を誤って入力した場合、削除された範囲名を参照した場合、または数式のテキスト文字列を引用符で囲むのを忘れた場合によく表示されます。
#NULL!セルが実際には交差しない2つのセル範囲の交差を指定しました2つのセル範囲をスペースで区切るとは交差範囲を示しますが、その範囲が交差しない場合などにこのエラーが発生します。対処には不要な半角スペースがないか確認が必要です。
#NUM!数式の数値に問題がありますこのエラーは、Excel関数の無効な引数、またはワークシートに表示するには大きすぎるか小さすぎる数値を生成する数式が原因で発生する可能性があります。
#REF!無効なセル参照このエラーは、数式で参照されているセルを削除した場合、または数式で参照されているセルの上にセルを貼り付けた場合に発生します。
#VALUE!関数内の引数のタイプが間違っているか、演算子のタイプが間違っていますよくあるのが、数値を入れるところで文字列をいれていたりすると発生するエラーとなります。
#SPILL!スピルで表示するエリアに他のデータがありますスピル機能で複数セルに結果を表示する際に、表示エリアにすでにデータが入っていると#SPILL!が表示されます。対処方法は表示エリアのデータ空白にすることで解消されます。
######表示が列に収まりきれません正確にはエラーではありませんが、通常の結果の代わりにハッシュ文字(###)を表示される場合があります。列に収まらないための表示なので、列を広げれば解消されます。

関連リンク
【エクセル】NA関数の使い方(明示的に#N/Aエラーを表示する)
【エクセル】IFNA関数の使い方(NAエラー時の返却値指定)
【エクセル】IFERROR関数の使い方(エラー時の返却値指定)

おすすめの解説動画

Excelで起こる7つのエラーの対応方法について解説している動画です。わかり易く解説しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事