command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】ドロップダウンリスト(プルダウン)の作成手順

【エクセル】ドロップダウンリスト(プルダウン)の作成手順

Excelのセルに入力する値をドロップダウンリスト(プルダウン)から選択する形式に変更する方法をここに記載します。

下部にはショートカットキーの練習や動画での説明なども載せています。

ドロップダウンリストとは

下部のようにセルに入力する値を選択項目から選ぶ形式です。入力する値を制限したい時や、入力する手間を省きたい時などに有効です。リストを選びたい時にセル右部の下三角ボタンを押下するとリストが出現し、マウスか矢印キー+Enterで選択ができます。

ショートカットキーも用意されており、マウスを使わずに選択も可能です。
※ショートカットキーは下部にて紹介しております。

ドロップダウンリストを使うメリット

ドロップダウンリストを使うメリットは大きく下記3つです。入力の手間が省けるのは一番ですが、入力する値を制限できるのでマクロや数式と組み合わせて使うことが非常に多いかと思います。

  • 入力の手間が省ける
  • 選択項目を制限できる
  • 書式を統一できる
  • マクロや数式と相性が良い

ドロップダウンリスト(プルダウン)の作成方法

まずは基本的なドロップダウンリストの作り方をレクチャーします。

【1】ドロップダウンリストを作成したいセルを選択しておく

【2】データタブの「データ入力規則」を選択

上記画像のように「データ」タブにある「データの入力規則」を選択します。項目が見つからない場合はエクセルシートの幅が狭くて隠れている可能性があります。幅に広げてみてください。

【3】「入力値の種類」を「リスト」に変更

「入力値の種類」のプルダウンを開き、「リスト」を選択してください。

【4】「ドロップダウンリストから選択する」にチェック確認

「ドロップダウンリストから選択する」の項目にチェックがついているか確認します。デフォルトではチェックはついています。

【5】設定したい項目を「,」区切りで入力

設定したい項目をカンマ「,」区切りで入力してください。最後にはカンマは不要です。

【6】「OK」を押下する

最後にOKを押下すれば設定完了です。

【7】設定完了

無事ドロップダウンリストを作成できました。

選択項目をシート上で管理するドロップダウンリスト作成方法

リストの内容をシート上で管理することも可能です。リストの内容が頻繁に変更される場合はこちらのやり方が便利です。

【1】選択項目を他セルに記入しておく

任意の場所に選択項目を準備しておきます。下記画像では、ドロップダウンリストのすぐ隣にリストを用意していますが、別シートなどでも問題ありません。

【2】ドロップダウンリストを作成したいセルを選択しておく

選択項目を用意したら、実際にドロップダウンリストを作成したい場所を選択しておきます。

【3】データタブの「データ入力規則」を選択

「データ」タブの「データの入力規則」を選択してクリックすると、設定するダイヤログが表示されます。

【4】「入力値の種類を」を「リスト」に変更し、「ドロップダウンリストから選択する」にチェック

ダイヤログ内の「入力値の種類」は「リスト」に。「ドロップダウンリストから選択する」のチェックボックスがチェックされているのを確認。

【5】元の値の右側にある矢印ボタンを押下

【6】用意しておいた選択項目をドラックして選択

【7】矢印ボタンを押下

【8】「OK」ボタンを押下する

「OK」ボタンを押下すれば、ドロップダウンリストが作成されます。

【9】設定完了

ドロップダウンリストのショートカットキー

ドロップダウンリストを表示するには通常セル右側の逆三角のボタンをマウスで押下するのですが、ショートカットキーであればマウスを使わずにキーボード操作だけでリストを開けます。選択項目が多くある場合などは非常に便利なショートカットキーです。

ドロップダウンリスト(プルダウン)を開くWindowsalt
mac(option)

Excelのショートカットの練習できます

当サイトはショートカットキーを練習できる機能がついています。プレビューで動きを確認しながら繰り返し効率的に練習ができるので、習慣的に当サイトで練習すれば、必ず無意識レベルでショートカットキーが使えるようになります。

是非練習してみてください。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

おすすめ解説動画

ドロップダウンリストの作成方法を動画で解説しています。分かりやすく解説されていたのでご紹介させていただきます。上記説明でも十分理解はできるかと思いますが、動画が見れる環境であれば動画が一番分かりやすいので是非ご視聴くださいませ。

関連記事