command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】割り算をする方法まとめ

【エクセル】割り算をする方法まとめ

Excelで割り算をするには通常の「÷」を数式バーに入力しても計算がされません。ここではExcelで割り算をする方法とその余りの求め方、さらに割り算の答えを整数の「商」と「余り」で分けたとき、その商の部分だけを返す方法について解説します。

Excelでの割り算は「/」を使う

Excelで割り算をするには「/」を使います。通常の割り算演算子の「÷」はExcelでは意味をなさないので間違えないようにしましょう。

通常式エクセル式
7 ÷ 3=7/3

エクセルで割り算をする手順

Excelで簡単な割り算をする手順について詳しく解説します。下記例は2つの数値をセル参照で割り算するという簡単な例です。

手順1:空白セルを選択

計算式を入力するための空白セルを選択します。

手順2:「=」を入力

「F2」キーを押下し、セル編集モードにし、「=」を入力します。「=」を入力しておかないと、Excelは計算をしてくれないので注意しましょう。

手順3:分子の数値を設定

分子となる数値を設定します。この場合はセル参照をしています。

手順4:「/」を入力

Excelで割り算をする場合は「÷」の代わりに「/」を入力します。

手順5:分母の数値を設定

分母の数値を設定します。直接入力しても良いですが、この場合セル参照をしています。

手順6:ENTERキーを押下

割り算のあまりを出力する方法

簡単な例を通して「MOD関数」を使って、割り算のあまりを出力する方法について解説します。

手順1:空白セルを選択

関数を入力するために空白セルを選択します。

手順2:「=MOD(」と入力

あまりを出力する「MOD関数」を使用します。F2を押下し、セルの編集モードにし、「=MOD(」と入力します。

手順3:分子の数値を設定

分子となる数値を設定します。直接入力しても良いですが、この場合はセル参照をしています。

手順4:「,」で区切り、分母の数値を設定

「,」で区切り、第2引数に分母の数値を設定します。直接入力しても良いですが、この場合セル参照をしています。

手順5:「)」で関数を閉じる

「)」を入力し、関数を閉じます。

手順6:ENTERキーを押下する

割り算の商の整数部を返す方法

割り算の答えを「整数の商」と「余り」で分けたとき、その商の部分だけを返すことができます。ここではQUOTIENT関数を使って余りを抜いた、商の部分だけを返す方法について解説します。

手順1:空白セルを選択

関数を入力するために空白セルを選択します。

手順2:「=QUOTIENT(」と入力

余りを抜いた、商の部分だけを返すQUOTIENT関数を使用します。F2を押下し、セルの編集モードにし、「=QUOTIENT(」と入力します。

手順3:分子の数値を設定

分子となる数値を設定します。直接入力しても良いですが、この場合はセル参照をしています。

手順4:「,」で区切り、分母の数値を設定

「,」で区切り、第2引数に分母の数値を設定します。直接入力しても良いですが、この場合セル参照をしています。

手順5:「)」で関数を閉じる

手順6:ENTERキーを押下する

おすすめの解説動画

Excelにおいての四則演算について解説している動画です。割り算以外についても丁寧にわかりやすく説明しているのでお勧めです。実際に動画で学ぶと記事では説明しきれない部分もわかるので、動画で解説を見ておくことをお勧めします。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事