command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】開発タブの表示方法をわかりやすく解説(Win/mac)

【エクセル】開発タブの表示方法をわかりやすく解説(Win/mac)

Excelにはマクロに関する様々な操作を行える「開発タブ」が用意されていますが、デフォルトでは表示されておりません。マクロ開発やギミック追加するのに「開発タブ」は非常に便利です。ここでは開発タブを表示する方法について解説していきます。

開発タブの表示方法(Windows版)

Windows版の開発タブの表示方法について解説します。最初にGIFアニメーションで手順の流れをざっくりと理解してからのほうが分かりやすいです。

GIFアニメーションで手順確認

リボン箇所を右クリックしてメニューを表示

上部のリボン部分を右クリックしてメニューを表示します。リボン部分が表示されていない場合は、タブのどれかを選択し、リボンを表示させてください。

手順2:「リボンのユーザー設定」を押下

メニュー内の「リボンのユーザー設定」を押下します。

手順3:右部の一覧から「開発」にチェックをいれる

別ウィンドウで「Excelのオプション」ウィンドウが表示されますので、右側の一覧から「開発」にチェックをいれます。

手順4:「OK」を押下する

上部のリボン部分を右クリックしてメニューを表示します。リボン部分が表示されていない場合は、タブのどれかを選択し、リボンを表示させてください。

開発タブ追加

無事開発タブが表示されました。

開発タブの表示方法(Mac版)

Mac版では少し手順が異なります。下記GIFアニメーションを最初に確認していただけると理解がスムーズです。

GIFアニメーションで手順確認

手順1:上部メニューの「Excel」から「環境設定」を選択

エクセルをアクティブにしている時に表示される上部メニューの「Excel」から「環境設定」を選択します。ちなみに環境設定はショートカットキーが用意されており、「⌘(コマンド)」を押しながら「,」でも表示できます。

手順2:「リボンとツールバー」を押下

環境設定一覧から「リボンとツールバー」を選択します。

手順3:右部の一覧から「開発」にチェックをいれる

「リボンのカスタマイズ」→「メインタブ」→「開発」にチェックをいれます。

手順4:「保存」を押下する

右下の「保存」ボタンを押下します。

手順5:「Excel 環境設定」を閉じる

「Excel 環境設定」を閉じると設定が反映されます。

開発タブが追加されました

おすすめの解説動画

「開発タブ」を表示する方法を解説している動画です。非常に分かりやすく紹介しているのでおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事