command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】日付から曜日を自動表示する関数の使い方

【エクセル】日付から曜日を自動表示する関数の使い方

日付データに曜日を追加する必要がある時、Excelでは日付データから自動で曜日を表示させることが可能です。曜日を表示させる方法は大きく分けて2つあり、関数を使う方法とセルの書式設定を変更する方法があります。ここでは関数を使って曜日を表示させる方法について解説します。

日付から曜日を自動表示する「TEXT関数」とは

日付データから曜日を取得するには「TEXT関数」が便利です。

TEXT関数とは

値に対して、表示形式コードを指定し、様々な形式に表示を変更する関数です。例えば、小数点以下の切り捨て桁数を設定したり、日付データから表示形式を変更したり、そこから曜日を表示したりできます。

TEXT関数の書式

TEXT関数の書式は下記となります。第2引数の表示形式箇所は「”(ダブルクォーテーション)」で囲む必要があります。

  • 値:形式を変更したい元の値を設定します。値は数値のみで、日付データの場合はシリアル値である必要がありますが日付データをセル参照で選択する場合は意識しなくても差し支えありません。
  • 表示形式:予め決められている表示形式のコードを入力します。

曜日の表示形式

TEXT関数に設定できる表示形式は多くありますが、曜日の表示形式に絞ってご紹介です。

書式記号説明
“aaa” 1文字で曜日を表示します(例:月)
“aaaa”曜日を省略せずに表示します(例:月曜日)
“ddd”英語の省略形で曜日を表示します(例:Mon)
“dddd”英語で省略せずに曜日を表示します(例:Monday)

TEXT関数で曜日を取得する手順

まずGIFアニメーションで手順確認

手順1:空白セルを選択する

関数を入力するための空白セルを選択します。

手順2:「=TEXT(」と入力する

TEXT関数を入力します。入力を進めていくとサジェストが表示されるのでTEXT関数がサジェストされたらTABキーを押下すると自動入力されます。

手順3:曜日の取得したい日付データを設定

第1引数として曜日を取得したい日付データを設定します。この場合はセル参照してますが、TODAY関数などを直セル入力するか、日づけデータのシリアル値を入力しても良いです。

手順4:「,」で区切り、2つ目の引数に書式記号(“aaa”)を設定

「,」で区切り、第2引数の表示形式のコードを入力します。この場合曜日の省略表示を表す「”aaa”」を設定します。

手順5:「)」で関数を閉じ、ENTERキーを押下

「)」で関数を閉じて、ENTERキーを押下し、関数を決定します。

曜日取得完了

曜日が表示されました。

発展編:様々な表示形式の設定

上記で紹介した表示形式以外にも様々な設定方法があります。TEXT関数の第2引数には書式の記号以外にも文字列も組み合わせたりも可能です。下記に実際の式とその結果についてまとめました。

結果
=TEXT(TODAY(),”(aaa)”)(日)
=TEXT(TODAY(),”yyyy/mm/dd(aaa)”)2020/11/29(日)
=TEXT(TODAY(),”ggge年m月d日(aaa)”)令和2年11月29日(日)

おすすめの解説動画

日付に関する解説動画でTEXT関数で曜日を表現する方法について解説しているおすすめの動画です。当記事では詳しく触れていない部分も触れているのでこちらも合わせて見てみると理解が深まると思います。

ショートカットキーの練習ができます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

関連記事