command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】曜日によって自動で色を変える方法まとめ(条件付き書式)

【エクセル】曜日によって自動で色を変える方法まとめ(条件付き書式)

スケジュール作成などExcelで日程を管理することは多くあります。そんな時に曜日によって色分けして視覚的に見やすくしたい場合もあるかと思います。Excelでは条件付き書式を使うことで自動で曜日ごとに書式を変更することができます。ここでは条件付き書式を使って曜日ごとに自動で書式を変更する方法について解説します。曜日部分が「文字列」形式と場合と「日付」形式の場合と対応方法が異なるのでご注意ください。

条件付き書式を使って曜日によって自動で色を変える方法(曜日部分が文字列の場合)

曜日部分が単純な文字列として入力されている場合において、条件書式を使って曜日ごとに自動で色を変える方法です。どちらかわからない場合は曜日のセルをフォーカスしてみて、上部の数式バーに単純に曜日が表示されるようなら文字列として入力されていて、yyyy/mm/ddの形式で表示される場合は日付データと判断してください。

まずはGIFアニメーションで手順確認

手順1:曜日が入ったデータを用意

文字列として曜日が入ったデータを用意します。

手順2:曜日が入ったセルをまとめて選択

セルの書式設定するために曜日部分のセルをまとめて選択します。

手順3:ホームタブ内の「条件付き書式」を選択

ホームタブ内のスタイルグループ内の「条件付き書式」を押下し、プルダウンを表示します。

手順4:「新しいルール」を選択する

下部にある新しいルールを選択します。

手順5:「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択

新しい書式ルールダイヤログ内の「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。

手順6:左から最初のプルダウンを「特定の文字列」に変更

下部のルールの内容設定項目が表示されるので、左から最初のプルダウン(デフォルトは「セルの値」)から「特定の文字列」を選択します。

手順7:左から2番目のプルダウンを「次の値を含む」に変更

左から二番目のプルダウン(デフォルトは「次の値の間」)から「次の値を含む」を選択します。こうしておくと特定の文字列がセル内に含まれている場合に書式変更がなされます。

手順8:左から3番目に「土」と入力

今回は土曜日だけ書式設定を変えたいので左から3番目のフォームに「土」と入力します。

手順9:「書式」を押下する

条件に合致した場合の書式を設定するために「書式」を押下します。

手順10:書式設定を変更し「OK」を押下する

好みの書式に設定したら「OK」を押下して、決定します。

手順11:さらに「OK」を押下する

さらに「OK」を押下し、ルールを確定させます。

完成

無事に土曜だけ色が変わりました。日曜の部分を変えたい場合は同じ手順を繰り返し、手順8の箇所だけ「日」と入力します。

条件付き書式を使って曜日によって自動で色を変える方法(曜日部分が日付データの場合)

条件付き書式を使って曜日によって自動で書式を変える方法について解説します。上記で紹介した文字列の曜日データではなく、日付形式のデータ(内部的にはシリアル値という日付専用データ)に対しての方法解説となります。どちらかわからない場合は曜日のセルをフォーカスしてみて、上部の数式バーに単純に曜日が表示されるようなら文字列として入力されていて、yyyy/mm/ddの形式で表示される場合は日付データと判断してください。

まずはGIFアニメーションで手順確認

手順1:日付データを用意

下記のような日付形式のデータ(内部的にはシリアル値という日付専用データ)を用意します。

手順2:日付データをまとめて選択

用意した日付データに条件をつけるため、まとめて選択します。

手順3:ホームタブ内の「条件付き書式」を選択

ホームタブ内のスタイルグループ内の「条件付き書式」を押下し、プルダウンを表示します。

手順4:「新しいルール」を選択する

下部にある新しいルールを選択します。

手順5:「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択

新しい書式ルールダイヤログ内の「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

手順6:「次の数式を満たす場合に値を書式設定」に「=TEXT(」と入力

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」のフォームに「=TEXT(」と入力。

手順7:日付データセルを選択しセル参照する

データ左上の日付データのセルを選択し、TEXT関数の第1引数にセル参照を設定します。

手順8:「F4」を3回押下する

セル参照が絶対参照になっているので、相対参照するため「$」を消去する。参照の切り替えはショートカットキーが用意されており、「F4」を3回押下することで絶対参照を相対参照に変更します。

手順9:「,」で区切り”aaa”と入力し「)」で関数を閉じる

「,」で区切り、2つ目の引数として曜日を表す”aaa”のコードを入力し、「)」で閉じます。

手順10:「=”土”」と入力する

TEXT関数での結果と比較するために「=”土”」と入力します。

手順11:「書式」を押下する

次に条件に合致した際の書式の設定をするため「書式」を押下します。

手順12:書式設定を変更し「OK」を押下する

土曜だった場合の書式を設定し、OKを押下します。この場合背景色を薄いブルーに変更しています。

手順13:さらに「OK」を押下する

さらに「OK」を押下し、ルールを確定させます。

完成

無事に土曜だけ色が変わりました。日曜の部分を変えたい場合は同じ手順を繰り返し、手順9の箇所だけ「=”日”」と入力します。

おすすめの解説動画

曜日の書式変更についてのおすすめの解説動画についてご紹介します。本記事で書かれていることだけでなく、様々な応用についても触れており、非常にみる価値のある動画です。解説も非常に分かりやすいので是非見てみてください。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事