command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】数式をコピーするテクニックをまとめてわかりやすく解説

【エクセル】数式をコピーするテクニックをまとめてわかりやすく解説

Excelで数式をコピーペーストする際によくある困りごとに対しての対応方法について解説します。ここでは「書式に影響を与えず数式のみをコピーペーストする方法」、「セル参照がずれないように数式をコピーペーストする方法」、「フィルハンドルを使って素早く数式をコピーする方法」について記載します。

書式を変更せず、数式のみコピー&ペーストする方法

元の書式を変更せずに数式のみをコピーする方法について解説します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:コピーしたい数式の入ったセルを選択

コピーしたい数式の入ったセルを選択します。

手順2:数式を「CTRL + C」でコピー

数式を「CTRL + C」でコピーします。Macの場合は「⌘ + C」となります。

手順3:ペーストしたいセルを選択

ペーストしたいセルを選択します。複数ある場合は全てのセルを選択します。

手順4:数式を「CTRL + V」で貼り付け

数式を「CTRL + V」で貼り付けます。Macの場合は「⌘ + V」となります。

手順5:貼り付けオプションマークを押下

右下に出てくる「(Ctrl)▼」と書かれた貼り付けオプションアイコンを押下し貼り付けオプション一覧を表示させます。Ctrlキーを押下しても一覧が表示されます。

手順6:「数式」を選択し、数式のみ貼り付け

「fx」と書かれた数式マークを押下すると書式に影響を与えず、数式だけ押下することができます。

無事数式のみコピー&ペーストができました。

関連ショートカットキー

コピー&ペーストはすべてショートカットキーを使って行うことをおすすめします。下記が使ったショートカットキーの一覧です。

コピーWindowsCtrlc
mac(command)c
貼り付けWindowsCtrlv
mac(command)v

セル参照がずれないように数式をコピーペーストする方法

数式内でのセル参照をコピーした際にずれないようにする方法について解説します。下記例では、消費税率のセルを絶対参照し、各商品の税込価格を出力します。

GIFアニメーションでざっくり手順確認

まずは下記GIFアニメーションをざっくりと確認し全体の流れを掴んでください。その下に手順詳細を解説します。

手順1:空白セルを選択

起点となる数式を入力するための空白セルを選択します。

手順2:「=」を入力

「=」を入力します。「=」を入力することで数式入力モードに切り替わります。

手順3:税抜の価格を参照

計算の元となる税抜価格をクリックし、セル参照します。このセル参照は相対参照のままにします。

手順4:「*(1+」と入力

「*(1+」と入力します。

手順5:消費税率のセルを参照

消費税率のセルをクリックし、セル参照します。

手順6:F4を押下し、絶対参照に変更

F4を押下し、絶対参照に切り替えを行います。

手順7:「)」を入力し、ENTERキーを押下

「)」を入力し、ENTERキーを押下します。

手順8:数式をオートフィルでコピーする

入力した数式を選択し直し、右下のフィルハンドルをドラッグし、オートフィルで数式をコピーします。

税込価格を出力できました。

フィルハンドルを使って素早く数式をコピーする方法

フィルハンドルという機能を使って、素早く数式をコピーする方法について解説します。フィルハンドルを使って素早くコピーする方法は大きく2つあり、フィルハンドルをドラッグしてコピーする方法と、フィルハンドルをダブルクリックしてコピーする方法があります。

フィルハンドルをドラッグしてコピー

  1. コピーしたい数式を選択
  2. セル右下に表示されている「■」マークにポインタをあわせる
  3. 「+」に変わったら、コピーしたい範囲までドラッグする
  4. 数式がコピーされました

フィルハンドルをダブルクリックしてコピー

  1. コピーしたい数式を選択
  2. セル右下に表示されている「■」マークにポインタをあわせる
  3. 「+」に変わったら、ダブルクリックをする
  4. 数式がコピーされました

おすすめの解説動画

数式をオートフィルを使ってコピーする方法について解説しています。かなり丁寧に解説しているので、基本から学びたい方にはおすすめです。

ショートカットキーの練習できます

当サイトはショートカットキーの練習を実際の動きを確認しながら練習できる機能がついています。繰り返し指を動かして練習ができるので、ゲーム感覚で遊んでいくうちに自然とショートカットキーが使えるようになれます。ショートカットキーは暗記するよりも実際に手を動かして練習していったほうが習得が早くなるので、是非当サイトで定期的に練習してみてください。下記のSTARTキーを押下すると練習を始められます。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事